TOEICの利点
明日、ビジネスプレゼンがあるのに、練習せずにブログを更新する不良サラリーマンTEX加藤です。などと言っている場合ではないのであります。これ更新したら練習しないと(笑) プレゼンが日本語なのが救いといえば救いですが、英語でも日本語でもプレゼンって難しいですよね。

さて、今日は、TOEIC学習の利点について、私が感じるところを書いてみたいなと思います。思いつくままに書くと私の場合は以下のような感じです。

英語学習を続けるモチベーション維持のよいツールになった。
昨年4月に英語学習を再開した際、TOEIC990点が一つのよい目標になりました。何か目標がないと、何から始めていいものやら分かりませんからね。結果として、最初に受けた6月で990点が取れましたが、その後もTOEICを受け続けることが、英語学習を続ける上でのよいモチベーション維持の手段になっています。ただ、TOEICの受けすぎで、「TOEIC疲れ」や「TOEIC燃え尽き症候群」、「TOEIC本中毒」等の副作用が出る可能性がありますので、英語力の測定やモチベーション維持のためであれば、年に2-3回受ける程度で十分ではないかと思います。

英語のスキルが上がった(多分)。
TOEICを受け始める前の5年ほどはあまり英語を使っておらず、英語学習の頻度も下がっていたので、英語のさびを落とすために、TOEIC学習は良いきっかけとなりました。普段のビジネスで英語を使う際(その機会は少ないですが)にも、TOEICの英語が一つのロールモデルになっていて、とても役立っています。これはサラリーマンとしても間違いなくプラスです。TOEICに出てきた英語なら、ビジネスでも安心して使えますからね。

英語学習者の仲間ができた。
ブログを始めたこともあって、たくさんの英語学習者の方々との交流が生まれました。「TOEIC」という共通語がよい媒介となって、いい意味での仲間意識が生まれていると思います。私にとっては、英語学習を継続していく上での何物にも代えがたい財産です。もし、「TOEIC」という存在がなければ、これほど仲間は増えなかったと思います。

その他、「TOEIC」つながりで、神崎さんをはじめとするTBRファミリーの方々と知り合う機会をいただき、ラジオにも出演させていただいたり、ヒロ前田さんの研修にも参加しましたし、解答速報という思わぬ特技を見出すこともできました。ブログを通じて、読者の皆さんと相互にinspireし合えているのもTOEICのおかげでしょう。

そう考えると、やっぱりTOEICを受けてよかったなあと思いますし、TOEICという存在には感謝しています。

ちょうど今日、将棋の名人戦が行われていましたね。羽生名人が以前インタビューでおっしゃっていたのですが、名人戦だからといって、そのことを特別に意識はしていないそうです。どんな将棋であれ、同じように一生懸命指すと。名人だけを目標にしてしまうと、それを達成したらその時点で将棋を指す意味を見失ってしまうので、そうではなくて、常に目の前の一局に集中しているのだとか。将棋の世界では、昔も今も、最高位とされる名人になることだけを夢見て、そこに心血を注いでいる棋士はたくさんいますから、この考え方にはもちろん批判もあるでしょう。

たとえが適切かどうかは分かりませんが、TOEICのスコアも、ある意味この羽生名人の名人位に対する考え方に通じるものがあるのではと思います。スコアを絶対視せず、日々の英語学習にそれぞれがそれぞれのやり方で一生懸命取り組み、英語力を向上させ、その結果がTOEICのスコアアップにつながればいいですよね。え、将棋の名人とTOEICのスコアを一緒にするなって? 将棋ファンの皆さん、すみません(土下座)

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

プレゼンテーション
こんにちは。
今日のプレゼンテーションはいかがでしたか。
うまくいくことをお祈りしています。

私も(あまり機会はないのですが)プレゼンは苦手です。
知らない人たちの前でお話するのは、いつもより緊張してしまいますし。
あと質問タイムも・・・
先日も他社であんまりな出来のプレゼンをしてしまいました。
あー恥ずかしい。。

TOEICについては、ほんとおっしゃるとおりです。
数年ぶりに受験申込をしてやーっと勉強をしようという気になりました。
(会社で最近受験のスコアの提出が必要だったというのもありますが)
次回受験までには、
おすすめいただいた文法の本と、発音(リスニング)、できれば語彙も
勉強しはじめたいと考えています。

少し前のエントリの「ゼロからはじめる~」もよさそうですね。
「フォレスト」はあの分厚さに圧倒されてしまい購入しませんでしたが、
薄い本ならやれそうな気がしています。

tiki | URL | 2009/04/23/Thu 12:20 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/04/23/Thu 21:22 [EDIT]
tikiさん
プレゼンは何とか無事終了しました。出来栄えは、まあ、どうだったのでしょうか。
自分ではよく分かりません。大串亜由美さんという方の、「研修女王の最強3分スピーチ」
という本を読んで臨んだのがよかったのか、いつもよりはよかったと自分では思います。
スピーチが苦手な方にお勧めできる内容です。

「ゼロからはじめる~」は超基礎なので、ある程度基礎のある方でしたら、問題演習を
中心にして、分からないところをフォレスト等でチェックする方法がよいのではと思います。
神崎さんが書かれた「出まくり英文法」などもよいですよ。書店で立ち読みして、自分に
合いそうなものを選んでください。
TEX 加藤 | URL | 2009/04/23/Thu 22:05 [EDIT]
隠しコメントさん
Thank you for visiting and leaving a warm comment on my blog. Here, let me briefly show my best gratitude to you for your inspiration on my English learning. That was the inspiration, really. I will keep practicing my English writing so that I can be a role model for my blog readers. Well, I know it’s still a long way to go, though.
TEX 加藤 | URL | 2009/04/23/Thu 22:42 [EDIT]
tikiさん
すみません。「出まくり英文法」は、Jさん、高橋基治さん、武藤克彦さんによる共著でした。訂正してお詫び申し上げます。HUMMERさん、ご指摘ありがとうございました。持っているのに恥ずかしい間違いでした。いや、お恥ずかしい。
TEX 加藤 | URL | 2009/04/23/Thu 22:46 [EDIT]
よかったです
プレゼンご成功おめでとうございますv-266
よかったです。

「出まくり英文法」「研修女王の最強3分スピーチ」
アマゾンで見てみました。
どちらも評価が高いですね。
書店で「フォレスト」とともに立ち読みしてみます。

英文法については大学受験時のかすかな記憶しか残っていません。。
今青い緑本を電車で読んでいますが、
解説読んで”あーあったような気がする”というのが多いです。
なので、ひょっとすると超基礎でもいいのかもしれません。
今やっと半分くらいまで(80問目)解いて、26個不正解でした。
正答率70%くらいです。

記事に書かれていた「△」をつけるのはよさそう!と思って
数問試したのですが、
ほとんど全てに「△」をつけることになりそうなので、
2回目にしました。
やはりフォレストですかねぇ。
どうも根気がたらなくって。
tiki | URL | 2009/04/23/Thu 22:48 [EDIT]
tikiさん
フォレストは、頭から読もうとしてはいけません。挫折する可能性が高いですから。
公式問題集等で、自分が苦手でよく間違うと思う項目をチェックするために使って
ください。もし、どこが苦手かが分からなければ、「出まくり英文法」や、小石裕子さんの
「英文法出るとこだけ!」(同シリーズの問題集ではない最初の本)等、文法項目別
問題集を解いて、苦手な文法項目をまず把握されるのがよいと思います。その上で、
フォレストの該当箇所を読む形です。是非お試しを。
TEX 加藤 | URL | 2009/04/23/Thu 22:55 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.