TOEIC or TOEFL ?
今話題の、姜尚中さんの「悩む力」という新書を読んだのですが、その中に次のような一節がありました(一部文意を変えない程度に編集してあります)。

先日、韓国を訪問して、ソウル大学に行ったときのこと。私が目にしたのはいわゆるエリート学生たちですが、「遊んでいる時間などない」という雰囲気で、アメリカナイズされたプログラムを必死にこなしているのです。TOEFLが900を超えないと就職できないとかで、脇目もふらずに勉強している。おかげで、たしかに英語のレベルは非常に高いようですが、私は何か違和感を覚えました。

この文章中のTOEFLは、明らかにTOEICの間違いですね。私がまず感じたのは、TOEICの認知が一般的にはまだまだ高くないのだなあ、ということです。英語が専門外の著者はもちろん、校正をした編集者も間違いに気付かなかったのですから。

それと、ソウル大学の学生が900点以上を目指して必死に勉強しているという英語レベルの高さに驚きました。日本の学生で、帰国子女を除き、TOEICで900点以上を取れる学生は恐らく数パーセントではないでしょうか。まあ、TOEICが全てではありませんが、目指すレベルがこれほど違うのでは、TOEICやTOEFLの平均点で韓国にかなわないわけです。

↓ふーんそうなのかあと思った方、クリックしていただけると嬉しいです。


Comment

管理人にのみ表示する

はじめまして、ragfairatsushiと申します。過去記事読まさせていただきました。いろいろ参考になりました。過去に高得点をとったことがあるとはいえ勉強量が1万問とはすごいですね。もっとがんばらなければと思いました。勝手ながらリンクさせていただきます。
ragfairatsushi | URL | 2008/09/08/Mon 17:55 [EDIT]
はじめまして
ragfairatsushiさん、コメントありがとうございます。

900点目指して地道に努力をされているのですね。こつこつと積み重ねれば必ず達成できると思いますよ。頑張ってください!
TEX加藤 | URL | 2008/09/08/Mon 18:03 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.