英語のバカヤロー!
左下の羊マークのカウンターの数字が5万を越えました。2週間で1万カウンターが進んだことになります。もちろん自己最速ペースです。解答速報で一気にアクセスが増えたのはもちろんですが、いつも根気強く訪問していただいている皆さんに感謝です。こうしてたくさんの方にご覧いただけることが、ブログの運営の大きな支えになっています。昨年8月にブログをゼロから始めた時のことを考えると本当に信じられません。ありがとうございます。

さて今日は、英語学習者の皆さん、特に、「自分は何のために英語を勉強しているのだろうか」「英語の発音がいつまでたってもうまくならない」などと悩んでいる方に是非とも読んで頂きたい本のご紹介です。今年読んだ英語学習本の中で個人的ベスト1です。

英語のバカヤロー! 「英語の壁」に挑んだ12人の日本人(古屋裕子編 EARTH STAR BOOKS)

編者の古谷さんは、インドのムンバイにあるクリムゾンインタラクティブという会社のマーケティング部長です。この会社は、英文校正サービスの大手で、日本人の研究者やビジネスマンの英語論文やレポートをネイティブが添削するサービスを手掛けているのですが、この会社に仕事を得て2007年にインドに渡った当時、古屋さん自身、英語が苦手で大きな挫折感を味わったとのこと。

そんな古屋さんが、自分自身が前に進むヒントを得るため、帰国子女ではない日本の著名な研究者12人に、英語の壁とどのように闘ってきたのかについてインタビューし、それをまとめたのがこの本です。よくある「英語の達人」と呼ばれる方々がいかにして英語を学んできたかを語った本ではなく、英語はジャパニーズイングリッシュでも、それぞれの分野で、堂々とネイティブに混じって超一流の仕事を成し遂げてきた方々の話が聞けるので、英語学習者の皆さんなら、読んで必ず得られるものがあると思います。

この本に登場するのは、次の12人の方々です。

養老孟司・解剖学者 
竹中平蔵・経済学博士
中村修二・電子工学者
上野千鶴子・社会学者
坂東眞理子・昭和女子大学学長
浅野史郎・前宮城県知事
明石康・元国連事務次長
本川達雄・生物学者
酒井啓子・中東研究者
松沢哲郎・動物心理学者
古川聡・宇宙飛行士
福島孝徳・脳神経外科医

すごいメンバーですよね。とはいえ、当初はインタビューは難航したそうです。古屋さんご自身が話を聞いてみたいと思った人に片っ端から声をかけたものの、無名の出版社からのインタビューの申し出に、最初の半年間はインタビューを引き受けてくれる人がいなかったとのこと。あきらめかけた彼女に、初めてインタビューOKの返事をくれたのが養老孟司さんだったそうです。

その養老孟司さんのインタビューの中から印象的な部分を抜粋し、ご紹介します。

ニューヨークへ行ったら、子どもでもギャングでも英語をしゃべっている。英語をしゃべるだけなら、たいしたことではないでしょ。忘れてはいけないのは、英語はあくまで自分が語りかけたいことを伝える手段であって、英語をしゃべること自体が目的ではないということ。

今、英語ブームと言われていますが、そんなに英語が上手になって何かいいことがあるのかと、いつも思いますよ。人に話して聞かせたいような中身はそんなにないじゃない。みんな目的をわきに置いて、手段だけを磨いている。そんなに靴を磨いてどこへ行くんですか。行くべきすてきなパーティーもないのに。


自分の中で、英語の壁を感じたり、うまく話せなくて落ち込んだ時、手元に置いておいて読み返したくなる一冊でした。「日本人なんだからジャパニーズイングリッシュでいい。問題はいかに流暢に話すかではなくて、話の中身。日本人なんだから、英語のネイティブスピーカーにはなれないし、自分の言いたいことを100%英語で伝えるのは無理。でも、自分の話している中身が素晴らしければ、相手は話を聞こうとしてくれる」 そう思えば英語を話すとき、気が少し楽になるかもしれません。

最後に、元国連事務次長の明石康さんの言葉を紹介します。

ただ楽しく英会話ができればいいとか、「英語力をつけること」だけを目標として英語を勉強する人たちは、それだけではさびしいと思うんです。人間と人間の相互理解、真剣勝負の対話には、語学力も大事ですが、それは二義的なもので、自分の知識や教養、世界観とか、人生に向き合う真剣さだとか、そういうすべてをひっくるめて、人間としての総合力が問われることを忘れてはならないと思います。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

読んでみたいと思います
最近自分が考えていることが載っているようですので、確認の意味もこめて早速読んでみたいと思います。

いつもためになるポストに感謝します。
渥美クライマックス | URL | 2009/03/27/Fri 05:38 [EDIT]
渥美クライマックスさん
12人の方がいるので、自分の考えに合った方を見つけるのがいいと思います。渥美さんのレベルなら自分なりの考えもあると思いますので、得られるものがあるのではと感じます。「英語力を磨く」という視点ではなく、「英語力ってなぜ必要なのか」っていう根本部分に対する一つの解が得られるかもしれません。
TEX加藤 | URL | 2009/03/27/Fri 06:51 [EDIT]
ワシもそう思う。
>でも、自分の話している中身が素晴らしければ、相手は話を聞こうとしてくれる
>人間と人間の相互理解、真剣勝負の対話には、・・中略・・そういうすべてをひっくるめて、人間としての総合力が問われることを忘れてはならないと思います

自分の経験上、全く持って同感です。少々訛りがあったり流暢じゃなかったりすると、とっつきは悪いかもしれない。小馬鹿にしたような態度をとられ、真剣に受け止められないかもしれない。でも、本当の勝負はそこからで、そこでひるんで自分を卑下して媚びへつらうから、相手は自分の話をその程度と思い込み、頭っから聞かなくなり話が通じなくなるのであって、英語力がそうさせる訳じゃない。相手にとって価値のある話をしていれば必ず、相手は遅かれ早かれ耳を傾け始める。こちらの話を聞くか聞かないかの判断材料になっているのは、我々の「単なる」発音や英語力よりも、メンタリティーなんだと思います。
我々、母国語を持った上で、英語を努力で身につけ使ってるんです。その自分に誇りを持って堂々として語るべきなんですよ。それでも馬鹿にしてきかないような人は、その人の責任。ほっといたらいいんです。それは何も外国語での会話に限ったことじゃなくて、日本人同士で日本語で話してても、同じですよね。
ころりん | URL | 2009/03/27/Fri 10:32 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/03/27/Fri 14:37 [EDIT]
ころりんさん
タイトルとはうって変わった熱いコメント、ありがとうございます。NYで実際に暮らされていたころりんさんの言葉だけに重みがあります。英語を上手に話せるに越したことはありませんが、それよりまず大事なのは、何を話すか、ですよね。日本人の多くは、残念ながら、英語がうまいかどうかでその人を判断しがちに感じますが、そうではなくて、本当は話している中身に目を向けて欲しいですよね。この本には、アラビア語で本を出されて、その国の人に尊敬されている日本人の方の話も出てきますが、英語に限らず、アラビア語でも現地の人に尊敬される仕事をしている人ってすごいなと思います。どうせ英語を勉強するなら、そういう人に一歩でも近づきたいものです。
TEX加藤 | URL | 2009/03/27/Fri 20:57 [EDIT]
隠しコメントMさん
100万拍手ありがとうございます(笑) 「これもあれもいいたい」って話すべきことがあるってことですから、後は英語力を磨いて、それを伝えられるといいですね。仕事、マイペースでがんばてください。熱意がそのうち実りますよ!
TEX加藤 | URL | 2009/03/27/Fri 21:00 [EDIT]
本の紹介ありがとうございます。
英文校正のエナゴです。
弊社社員の古屋編著の本を紹介してくださり、ありがとうございます。
現在弊社ウェブサイトにて、
養老孟司氏、竹中平蔵氏、上野千鶴子氏、中村修二氏、本川達雄氏、酒井啓子氏、松沢哲郎氏の7名のインタビュー記事を公開しております。
日本の錚々たる研究者の方でも英語には苦労していることは、共感できます。
英語ネイティブではないからこそ、どう英語と折り合いをつけているかも学べると思います。
ぜひ各氏のインタビューをご覧ください。
エナゴ・著名研究者インタビュー: http://www.enago.jp/interviews/
英文校正エナゴ | URL | 2011/08/12/Fri 16:53 [EDIT]
英文校正エナゴさん
コメントありがとうございます。さっそくインタビュー拝見します!
TEX加藤 | URL | 2011/08/16/Tue 15:47 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.