「直前」模試3回分 R1回目
3回分の模試のうち、1回目のリーディングを解いてみました。スコアは98/100で、勘による正答が3問あったので、それを除くと95/100でした。換算表では、90-100が495なので、まずまずの結果でしょうか。9月の模試を前に、極端にリーディングの力は落ちていないようで少しほっとしました。

私は、模擬試験を解く際、本番のことを想定して、LはCDラジカセを使います。ヘッドホンだと本番よりも条件が良くなってしまうからです。ボリュームを上げすぎないようにして、窓を開けて多少の雑音でも集中できるようにしたりもします。本番で何があるか分からないですから。まあ、さすがにバイクの爆音が遠くから聞こえたりした場合は、早めにPAUSEボタンを押して、バイクが行き過ぎてから解くようにしていますが。

今日のリーディングも、窓を開けて解いていたのですが、パート5を10問くらい解いた時、突然の雷雨でものすごい雷と雨の音が聞こえてきました。雷に驚いたのか、近所にいる犬がキャンキャンと断続的に吠え続けたり、外を歩いていた子供の悲鳴が聞こえたりして、かなり厳し目の条件だったかもしれません。結局雷雨は試験を解き終えるまで続き、犬もずっと鳴き続けていましたが、何とか最後まで集中して解くことができました。約63分で解き終えたので、本番だと12分程度時間が余ったことになります。

模試の感想としては、パート7が本番より質量ともに若干難しいように感じました。一つ一つの文章が長く、内容もビジネスについての堅いものがほとんどだったので、レストランの紹介とか地域のイベントなどの柔らか目の内容より読んでいてしんどかったですね。

パート5で1問、パート7で1問落としたのですが、パート5のミスは再帰代名詞のひっかけ問題に引っかかってしまいました。これによくやられるんですよね。しっかりと考えれば間違わないのですが、反射的に答えると間違えてしまいます。人が主語の文章で、続くthat節にA between Bが入っていて、Bを選ばせる問題です。Aが主語の人と同じなら、Bには再帰代名詞が入りますが、Aが主語の人と一致しない場合は代名詞が入ります。

Tex Kato prefers that his vacation plans remain between the personal department and ------.

のパターンです。himselfを選んではいけません。that節の主語が休暇の予定なので、正解はhimになります。

本番でこの手の問題が出たら要注意ですね。

↓参考になった方、クリックしていただけると嬉しいです。

Comment

管理人にのみ表示する

こんばんは。
TEX加藤さんの実力は本物ですね。英検1級をお持ちであるとお聞きしましたが、今受験されても合格は間違いないと思います。優秀賞で表彰されるのではないでしょうか。TOEICの満点も楽勝とお見受けします。        
凄い人が世の中にはいらっしゃるものです。凄い刺激になりました。僕はまだひよっこです。もっと学習します。

これからも、面白い話や刺激的な話をお待ちしています。(笑)

僕のブログにリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?
土佐犬 | URL | 2008/09/07/Sun 19:20 [EDIT]
いえいえ
土佐犬さん、こんばんは。土佐犬さんのHNを見ると、ドカベンを思い出してしまいます。四国の土佐丸高校っていうチームの印象が強烈だったので。

英検一級は、これは謙遜ではなくて、今受けると落ちるのではと思います。かなり難化しているようですし、スピーキングの機会が今はほとんど日常生活でないので、英語が出てきません。土佐犬さんこそ2005年に取得されたのはすごいですよ。私なんて1989年ですから、いつの話だよって感じです。

FC2ブログにも、神崎さんはじめ、私よりも英語力がはるかに上の方々がいらっしゃるので、私なんて尊敬に値しませんよ。

ブログのリンク希望とのこと、ありがとうございます。いつネタが尽きるか分かりませんが、頑張って更新するようにします。
TEX加藤 | URL | 2008/09/07/Sun 20:44 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.