TOEICのDPについて
明日の指導者研修三日目の前半戦は、またもや模擬授業です。それぞれのグループの他のメンバーに対して、13分の持ち時間で授業をします。私の担当はパート7のDP(ダブルパッセージ)です。今その準備をしているのですが、授業の予行演習も兼ねて、少しだけココで明日の授業の内容をご紹介したいと思います。

ポイント:DPは実はほとんどDPじゃない
「いきなりこのおっさんは何を言い出すんだ?」と思われるかもしれませんね。これは、この研修を受けてはじめて私も教わったことです。DPは、皆さんもご存知の通り、4種類のDPに対して、それぞれ5問ずつの計20問が出題されます。そのうち、両方の文章を読まないと解けない両文参照型の問題(BPQ:Both Passage Question)って何問あると思いますか? 何と4-5問しかないんですよ。つまり、残りの15-6問は、どちらか片方のパッセージを読めば解けるSPQ(Single Passage Question)なんです。

ちなみに1月のTOEICのDPを見てみると、BPQは、4つのDPでそれぞれ、1・1・2・1問の計5問でした。これは毎回ほぼ同じようです。つまり、それぞれのDPで、両方の文章を読まないと解けない問題は1問、出ても2問ということになります。残りの3-4問はSPQです。しかも、DPの場合、「人材募集広告と応募」「セミナーの告知と応募」「研修の案内とアンケート」「レストランのメニューとレビュー」「旅行会社の広告と旅程表」といった比較的分かりやすい内容の文章が多いので、BPQを除けば、SPより解きやすいケースが多いと思います。

ここで何が言いたいのかといいますと、SPの難しい長文を必死になって読んで、設問が3つしかなくて、そのうち1問間違えて2問正解するのも、DPの簡単なSPQを2問拾うのも点数に換算すると同じということです。ですから、DPは難しいからSPを優先して解いて、最後のDPの10問は塗り絵、というのはすごくもったいないと思います。14時半になったら新たなSPに突入するのは止めて、DPに移った方がスコアアップには効率がよいと思います。

ちなみに、SPの問題配分はおおよそ以下の通りです。1月もこの通りでした。

2問×3 3問×3 4問×2 5問×1 計9SP・28問

毎回余裕でパート7が終わる方は別として、毎回終わらない方は、まずは、パート5・6を、20分で14時5分に終わらせてから、パート7は以下の順に解くのがよいかもしれません。

1. SPで設問が4・5問の問題を、文章が一番短いものから順に3つ解く
2. SPで設問が2・3問の問題を、文章が一番短いものから順に6つ解く(14時半になったらDPに移動)
3. DPのSPQを解く
4. DPのBPQを解く
 
その他のパート7の注意点として、4問程度出題されるいわゆる類義語問題(closest meaning to)には時間をかけない方が良いです。語彙問題なので、分からないものはいくら考えても分かりません。文意に合うものを選ぶ努力はしつつ、分からなければ捨てて次の問題を解きましょう。

ただし、これはあくまで一つの方法なので、普段の演習で自分でいろいろと試してみて、一番自分に合っていると思う方法で解くのが一番です。「自分で考える」が基本ですから。

こういったことを学べる指導者研修後に受ける3月のTOEICは、いつもと違った感じになりそうです。またTOEIC狂への道を一歩踏み出してしまった気がしますね。

さ、明日の模擬授業のリハーサルを繰り返してから寝るとします。自分のTOEIC SWテストの準備がさっぱりなのはまずいですが、まあ1回目だし、だめならだめで次頑張ろうと受ける前から思っています(笑)

参考になる部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.