偶然って信じますか?
「おくりびと」のアカデミー賞受賞が話題になっていますね。私は映画自体は観ていませんが、この映画の脚本を書かれた小山薫堂さんの著書は何冊か読んでいます。今回の映画についての小山さんのインタビューを読んでいて、その本の中の一節を思い出し、ちょっと感慨深いものがあったのでご紹介します。以下が映画についてのインタビューです。

聞き手:映画『おくりびと』の「生と死」というテーマをまざまざと予感させる、夜のお台場の水際で「蛸」を逃がそうとするシーンがありますよね。「蛸」といえば、薫堂さんはたしか蛸の名産地、熊本県天草の出身だったと思いますが、ご自身の「蛸の記憶」とか何か実体験がこのシーンに反映されていたりしますか?

小山:鋭い指摘!まさにその通りです。そもそもあのシーンは自分の経験を元に生まれています。今から十数年前、うちでバーベキューをやったことがありまして、その時、友人が湘南で活サザエを買ってきました。食べようと思っていたのですが、すっかり忘れていて、食べ損ねてしまいました。一晩、同じ屋根の下で過ごすとなんだか情がわいてくるもので、翌朝も生きていたので、その日のうち、車で湘南までサザエを海に返しに行った・・・そんなことがありまして、あのシーンを思いつきました。サザエをタコに置き換え、あのシーンを作ったわけです。東京湾にプカプカと浮かぶ哀れなタコと、主人公・大悟の心情(都会の汚れた海に漂う情けない人生)を重ねました。

小山さんの著書、「考えないヒント」(幻冬舎新書)には、「偶然力」について書かれたこういうくだりがあります。

僕は「偶然」という言葉が好きです。「偶然」って、すべては「必然」だと思うからです。多分、何の意味もない偶然というものは、実はありえない。すべては必然に向かった偶然なんだと思うんです。偶然が偶然を呼び、つながっていく。この「偶然の連鎖」を起こす力が、「偶然力」です。

さらにはこうも書かれています。

偶然を信じるというのは大切だと思うんです。僕はいろいろなところで、驚くような人との出会いをよく経験して、人に話すと作り話だろうと言われるんですが、これも僕が偶然の力を信じているからなんです。今目の前で起きている偶然に思えることを、すべて必然と思えるかどうか。偶然力を一番鍛える方法は、自分には偶然力があると思いこむことだと思います。

偶然を必然にするために、小山さんは普段からいろいろなところで種を撒いて水をやる作業をしているそうですが、まだ芽が出ていないエピソードとして、上記のインタビューに出ているサザエのエピソードが紹介されていたんです。そこには最後にこう書かれていました。

「元気でな」と言いながら、サザエを一個ずつ海に投げた。そのとき僕は、きっとサザエが将来、何かの姿を借りて恩返しに来るような気がしたんですけれど、まだそれらしいことは起きていません。

これってすごくないですか? サザエがアカデミー賞を運んできた(笑) まあ、それは大げさとしても、私は冒頭のインタビューを読んで、慌てて家にある「考えないヒント」を読み直し、「おおーサザエの恩返しだー」とすごく感動してしまいました。

偶然って皆さんにもきっとあると思います。私もつい先日、偶然がありました。うちの会社の女の子が、「TEXさん、この人知ってますか?」って名刺を見せてきたのですが、それを見てびっくりしたんですね。自分が十数年前にダブルスを組んで良く試合に出ていたテニス仲間だったんです。彼が海外駐在になってから疎遠にはなってしまったのですが、忘れるはずがありません。

聞いてみると、名刺を見せてくれたその女の子が、自分の担当商品のプロモーションの相談に出かけた相手の会社の担当者だったそうです。たまたま私が数年前にTVに出演した時に、それを見ていて、「あれ、これTEXじゃん。今こんなことしてるんだ」って思っていたらしく、商談の席で名刺交換して社名に気付き、「ところで、御社にTEXっていませんか?」「え、いますけど」って話になったそうです。もちろん、彼にはすぐにメールを送り、早速飲み会を開催して十数年ぶりに再会しました。嬉しかったですね。

とまあ、英語学習にはあまり関係の無い話になってしまいましたが、こうして皆さんとブログを通じてつながりができて、それがいつか何かの形で花咲くことがあるかもしれないなあと思うと、ブログを書くのがちょっと楽しくなりますね。え、あまりあんたとは関わりになりたくないって? それは失礼しました。皆さんも、「偶然力」を信じて鍛えれば、いいことがきっとあると思いますよ。「偶然だな」で済ませずに、そこで一歩踏み込んで行動してみれば思わぬ幸運につながるかもしれませんね。

参考になる部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

おくりびと、おもしろそうですよね。
私はまだ見てないんですが。

本木さんが一生懸命(ときにはカンペを見ながら)英語でしゃべっていたのは
よかったですね。好感が持てました。

偶然力ですか。信じてみますね、いいことありそうです(^0^)
英語難民★みゆき | URL | 2009/02/27/Fri 20:40 [EDIT]
英語難民★みゆきさん
私もまだ映画は観ていません(笑) ああいう舞台で英語が話せるといいですよね。滝田監督も英語で頑張って話されていましたね。偶然を必然に変えるにはまず信じることだそうです。サザエを海に返す機会はなかなかありませんが、ゴミを拾ったり、募金したり、小さないいことを重ねると、それが偶然力となってきっと自分に返ってきますよ。TOEICで勘が当たるかもしれません。是非心がけてみてください。
TEX加藤 | URL | 2009/02/27/Fri 22:19 [EDIT]
TOEICで900点取れたのも
オフ会でTEXさんの正面に座り、TEXさんのおでこから発するTOEIC990光線を浴びたおかげでその20日後のTOEICで900点を達成することができたのも偶然ではないのでしょう。「偶然力」を信じていればきっといいことがある、なるほど。
つんつるてん | URL | 2009/02/27/Fri 22:38 [EDIT]
つんつるてんさん
ははは。そうきましたか。まあ、私の額から出る光線での点数UPはせいぜい5点ぐらいでしょうね。ただ、偶然力を信じることはプラスになりますから、そう思っていてください(笑) 女子が私の額を拝みにくるかもしれませんから。
TEX加藤 | URL | 2009/02/27/Fri 23:19 [EDIT]
激しく同意です!
 TEX加藤さんこんばんは!

 私も偶然と考えられることは、実は必然なんだといつも思っています。昨日もそれを感じられるようなことがたくさんありました。
 いわゆる偶然力を高めるためには、日頃から徳を高めるようなことをして、小さな努力を続けることにあると思います。

 またもや目からうろこの記事ありがとうございます。

 このとことものぐさ全開なので、TOEICまでの2週間精進して行きたいと思います。

 では!
しゅうさん | URL | 2009/02/28/Sat 22:02 [EDIT]
しゅうさん
おおっ。さすがに稲盛教の同士(笑) 残り2週間、徳を高めて是非高得点GETしてください(あ、そういうやましいことを考えてはいけませんね)。偶然力で互いに隣席が女性になることを期待しましょう!

TEX加藤 | URL | 2009/03/01/Sun 00:34 [EDIT]
面白い!
TEX加藤さん、非常に感慨深いストーリーですね!サザエに「元気でな」かぁ。ロマンチックな話だなぁ。じゃあ私も絶世の美人とすれ違った時に、「じゃあまたな」って心の中で語りかけようかな(笑)それにしても素敵な話ですねー。偶然力、大切にしたい力ですね!偶然力、めっちゃ信じようと思います。
k2 | URL | 2009/03/01/Sun 01:11 [EDIT]
k2さん
「サザエの恩返し」、いい話ですよね。原因と結果の法則ではありませんが、すべては必然だと思うと、悪いことはできませんね。私も気をつけねば。徳を積んで偶然力を磨きましょう!
TEX加藤 | URL | 2009/03/01/Sun 09:01 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.