英語の達人ブログ
スーパーのタイムセールで握り寿司の盛り合わせ(何と中トロ入り)がお得だったので、「よーし。今日は豪勢に寿司だ。中トロ食べるの楽しみだなあ」と喜び勇んで購入し、家に帰ってレジ袋から出してみてびっくり。お寿司の皆さんが全員端に寄ってしまい、中トロは横転するわ、アナゴがイカに衝突してタレまみれになるは、もう大変な状況に。私しばし呆然としてしまいました。うーん、喜びのあまりいつもより歩く際の腕の振りが大きかったのでしょうか。レジ袋の中で入れ物が傾いたところをシェイクしてしまったようです。皆さんもスーパーで握り寿司を買う時は注意した方がよいですよ。ってそんなの常識?

今日は、英語学習とは全く関係の無い「聖の青春」(講談社文庫)を再読しました。病気と闘い、命をかけて名人を目指し、29才で夭折した天才棋士の実話です。改めて読んで、自分が健康で生きられることに感謝しつつ、果たして自分は日々ベストを尽くしているだろうか、と自問自答してしまいました。この本は、いわゆるお涙頂戴的な内容ではなく、人生に対する自分の姿勢等を正してくれるような示唆に富み、将棋ファンでなくても爽やかな感動が得られる一冊です。

英語学習に話を移しますと、日向清人さんの人気ブログ「ビジネス英語雑記帳」の最新エントリーに、TOEICについての興味深い事実が記載されています。簡単に言ってしまいますと、TOEICでは満点レベルでもそれほど高い語彙力は必要とされず、満点を取ったからといってもそれは必ずしも英語が使えることを意味しないということです。

この点に関しては、私も全く同感です。私は、市販のやたらと難しい単語集は買ったことがありませんが、それでも連続して満点が取れましたし、英語運用能力はまだまだ達人レベルにはほど遠いのが現状です。日向さんのブログのエントリーは某サラリーマン氏と違って毎回手抜きがなく、びっくりするぐらい内容が充実していますので、是非このブログの読者の皆さんにも読んで頂きたいです。

TOEIC満点といえば、AERA Englishにも登場されていたカプランの石渡さんのブログを読むと、何と授業の模様がTHE WALL STREET JOURNALにイラスト付で紹介されたとのこと。すごいですよね。それにもまして私が驚愕してしまったのが、石渡さんの2/14付の記事で紹介されているキング牧師の演説の暗唱です。演説を最初から最後まで完璧に一言一句ほぼ間違わずに暗唱されています。まあ、私はまずはTOEICのSWテスト用に簡単なスピーチをちょっとずつでも暗唱できるように練習するとします。「千里の道も一歩から」ですよね。しかし日向さんも石渡さんもすごすぎます。我々一般の英語学習者にとっては、はるか雲の上のレベルでよね。日々修行して一ミリでも近づきたいものです。

参考になる部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

すごいですね
お寿司とケーキは、慎重かつ地面に対して平行に、が基本ですっ!あとレジ袋ではなく、底の平らなマイバッグが便利です。よりよい主婦になるためのアドバイスです(^-^)。(いらんて?(笑))

石渡さんという方のキング牧師のスピーチ、2つ目のビデオだけですけど見て(聴いて)きました。ホント・・すごい迫力ですね。やっぱずーっと練習されてる、その積み重ねなんでしょうね。その熱意に圧倒されます。私も、私なりにベストをつくして一歩ずつ頑張ろうと思います!

ころりん | URL | 2009/02/25/Wed 00:58 [EDIT]
ころりんさん
貴重なアドバイスありがとうございます(笑) そういえば子供の頃にケーキを横転させて大泣きした記憶がよみがえりました。石渡さんはプロフィールをご覧になればすごい人だと分かりますが、我々常人のレベルではないですよね。きっと英語がもう日本語のような感覚なんでしょう。キング牧師になりきって涙まで出そうになるとはすごいです。我々庶民は地道に頑張りましょう。
TEX加藤 | URL | 2009/02/25/Wed 06:28 [EDIT]
TEXさん・・
アンタも常人ちゃうやんっ!\(-_- )
と、思わずモニターに向かってつっこんでしまいました。(ー_ー;)(笑)
ころりん | URL | 2009/02/25/Wed 09:49 [EDIT]
ころりんさん
まあ、確かにTOEICばっか受けて解答速報やってる時点で普通ではないですよね。「TOEIC狂」です。引退する時はキャンディーズのように「普通のサラリーマンに戻ります」って宣言せねば。
TEX加藤 | URL | 2009/02/25/Wed 19:51 [EDIT]
はじめまして
いつも楽しく拝見させていただいております。

「聖の青春」はしばらく前に読みました。
村山聖さんの壮絶な人生、師弟愛、家族愛に感動して涙があふれて来ました。

TEX加藤さんを少しでも見習って、やり直し英語に取り組んでいこうと思っております。
kurichan | URL | 2009/02/25/Wed 22:34 [EDIT]
kurichanさん
お誕生日おめでとうございます! 40代後半にして英語学習を始められるとの事。素晴らしいですね。是非他のブロガーの方々との交流も深められて、英語学習を通じてさらに人生を豊かにされること、僭越ながらお祈りしております。私の記事も何かしらのモチベーションUPのお役に立てればと思います。機会がありましたら是非TOEICも受けてみてください。

「聖の青春」は青春小説の傑作だと思います。折に触れて読み返したいですね。では、今後ともよろしくお願いします。是非是非英語学習、一日5分でもいいので継続してください。
TEX加藤 | URL | 2009/02/25/Wed 23:02 [EDIT]
またまた感謝
もう普通のサラリーマンには戻れません(笑)。

その偉大なるTOEIC狂さんから、いろいろ学ばせてもらってますよ~(^-^)。
久石さんの本、具体的なプロセスや感情の動きが事細かに書かれてあったのでおもしろくてあっという間に読みました。私もCMやってるので、映像と絡んだ時の気持ちとか・・こんな超売れっ子の作曲家でも同じことを感じるんだ~と思っておもしろかった。最後の章に大発見、ありましたし。教えてくださったTEXさんに感謝!!!
ころりん | URL | 2009/02/26/Thu 18:37 [EDIT]
ころりんさん
おおっ。紹介させて頂いた本をお読みいただけたとは嬉しいですね。あの本はまったく畑違いの企画業の私にも凄く参考になった良書でした。得るところがあったようで何よりです。やはり一流の仕事をされている方の言葉は重みが違いますよね。本当に凄い人だなあと思います。ポニョも大当たりでしたよね。ではでは、また懲りずに本の紹介させていただきますね。
TEX加藤 | URL | 2009/02/26/Thu 23:45 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.