私の英語履歴書(大学編)
先日のブログで、「このシリーズ終わり」と書きましたが、ブログネタが尽きたので、大学編に進みます(えー)。

高3の時、現役で受けたセンター試験(当時は共通一次)の英語の点数は確か186点でした。高3の時は、常に170-180点台をうろうろしていて、どうしても190点の壁は破れませんでした。学校の中では一番でも、全国的に見れば大したことはないですよね。今から考えると停滞期だったと思うんですが、まあ学年1位で満足だったので、焦りとかはなかったですね。学校内で「英語のTEX」でいられればいいや、と気楽に考えていました。まあ、それで外大に進んだら、全国には自分より英語ができる奴がたくさんいることに気づくわけですが。

大学ではテニスに明け暮れつつ、あれやこれやと英語も学び(超省略)、大学三年生の秋に受けた英検1級では自信満々だったにも関わらず一次試験B判定であえなく不合格でした。そこでも「なんでオレが落ちるんや」って思っていたのですから救いようがありません。

さらに、英検不合格だったにも関わらず、何を思ったのか、「四年生になってテニス部を引退したら、米国に留学しよう」って決めたんですね。特に目的意識もなく、「外大生なんだから、一回くらい海外生活しとかなあかんやろ」って単純な理由でした。一人暮らしをしてみたかったのも留学理由としてあったのだと思います。ブロンド美人女子大生とのムフフな生活を妄想していたのでしょう。

当時、私の通っていた大学では、交換留学制度で、1年に二人、大学の費用負担で米国の大学に留学できたんですね。それを目標に、留学制度の申し込みに必要だったTOEFLというものを受けてみたんです。大学三年生の冬だったか、受けたTOEFLは確か550点程度だったと思います。TOEICなら730点レベルですね。ただ、この時、リスニングの試験中に、答えが1問ずれるという失態があり、聴きながらマークシートを塗りなおすというアホな作業をしたこともあって、2ヵ月後に受けなおしたTOEFLは597点でした。TOEICだと880点レベルです。この冬は、連日連夜TOEFLに向けた猛勉強をした記憶があります。昼間テニスの練習をした後、夜は家でバロンズの対策本などに必死に取り組みました。それもスコアアップにつながったことは間違いありません。

TOEFLで600点というのは、なかなかの点数だと自分では思っていたので、交換留学生にも、当然自分が選ばれるだろうと思っていたんです。ところがです。3人まで絞られた最後の一人で落ちてしまったんですね。選考結果を告げられた部屋で、もう目の前が真っ暗になるくらいのショックを受けました。選考過程は明らかにされなかったのですが、私は自分の方がTOEFLのスコアもいいのに、何で落ちるんだと怒り、選考した教授の部屋に行って理由を問いただしたり、裏があるのではないのかなどと疑ったりと、若気の至りで情け無いほど茫然自失状態でした。すごく挫折感がありましたね。バラ色のブロンド美女との甘い学生生活も風前の灯です(そういうよこしまな気持ちを先生方に見透かされていたのでしょうね。きっと)。

その後、友人の励ましやら、負けず嫌いな性格もあり、こうなったら自力で留学してやるぞ、と思い立ち、留学手続きを全部一人でやって、米国の片田舎に約9ヶ月留学しました。英検1級も、テニス部を春に引退した後、ちゃんと勉強して、留学直前の7月にリベンジ合格しました。結果として、留学先ではテニス部に入って、テニスもうまくなったし、チームメイトとたくさんの思い出を作ることができました。英語力という点でも、帰国前に現地で受けたTOEFLでは653点(TOEIC満点レベル)でしたから、現地で英語に触れた成果も確実にありました。唯一の心残りはブロンド美女との・・・(以下略)

TOEFLとTOEICでは試験内容が異なりますから、単純にスコア換算はできません。あくまで一つの目安です。実際、新入社員時代に受けたTOEICは2回続けて875点でした。勉強しなかったとはいえ、卓越した英語力があればそれでも900点は越えていたはずなので、その程度の英語力だったのではないかなと思います。そこから先、1999年に950点、そして昨年の満点に至る過程はまたそのうちご紹介できればと思います。え、ネタがないし、自慢したいからすぐに書くんだろ、って? そういう厳しい突込みを入れる方は都合が悪いので、ちょっと漢字検定の勉強でもしておいてください。

↓クリックしないとこのシリーズを延々と続けますよ(脅迫)。
banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

是非つづきをお願いします。
こんばんは。外大時代のことも知りたいと
思っていたので、大学編は
とてもうれしかったです。
TEX加藤さんのルーツを知ることが出来るので
英語履歴書はとても興味深いです。
是非社会人編もお願いします。
mami | URL | 2009/02/12/Thu 23:12 [EDIT]
mamiさん
楽しみにしていただいて、嬉しいです(涙)
私の個人的な事を書くのはどうかなあとも思いますが、
ぼちぼちと続けて行こうと思いますので、今後とも
よろしくお願いします。
TEX加藤 | URL | 2009/02/13/Fri 06:22 [EDIT]
やっぱり~!
こんにちは、TEX加藤さん。

英語学習をしていて、私が基礎を叩き込もう!と思ったきっかけが、
(将棋の)羽生さんの番組を見たことでしたが、やっぱり、TEX加藤さんも、
基礎を叩き込んだ時期があったんだなぁ、(しかも、高校生時代に)と思いました。
なので、私も今更ながら、高校時代の文法・語法の問題集を
引っ張り出してきてやってます(笑)。

アビリティー・メジャードの見方がわかってなかったので、TEX加藤さんに言われたように、
しっかり分析してみました。
ヒロ前田先生のご本を参考に調べてみると、どのパートも75%しかできてなく、全体的に、速読・正確さを上げる訓練を来月のTOEICまでしっかり頑張ることにしました。

あと、TEX加藤さんのブログについてですが、(私は実家が徳島の関西寄りなので)
TEX加藤さんのひとりつっこみが気に入っています(笑)。

毎日お忙しいのに、ブログの更新ありがとうございます。
本当に、諦めずにTOEICを受け続けれています。感謝感謝です。


piro | URL | 2009/02/13/Fri 10:25 [EDIT]
piroさん
こんにちは。

基礎の大事さは今痛感しています。文法教育や訳読教育はしっかりやればすごく意味のあることだと思います。「使える英語」が強調されていますが、それを身につけるためには、しっかりとした土台が必要です。私もまだ土台がぐらぐらしているので、しっかりと修復しなければいけません。全般的にスコアが均等ということは、まだまだ特にパート5はスコアアップ可能ですね。頑張ってください。

オヤジのひとりつっこみ、喜んでいただけて嬉しいです。ブログはぼちぼちと更新していきますので、今後ともよろしくお願いします。
TEX加藤 | URL | 2009/02/13/Fri 20:37 [EDIT]
hima-jin
>自信満々で英検1級受けて、B判定
なんか2週間前の自分と、かぶっているような。。。

最近、英語は、NHKラジオの実践ビジネス英語と、BBCのPodcastに絞ってます。(あと、たまにBBCのストリーミング聞いたりしてます) 情報処理技術者試験の対策をしようと思うのですが、競馬で遊んだりしてます。(負けてばっかりですが) 続編を楽しみにしてます。
| URL | 2009/02/14/Sat 18:34 [EDIT]
hima-jinさん
ご無沙汰です。私も20代の頃は競馬にはまって、全国の地方競馬場を、北は上山から南は益田まで行脚したことがあります。結論として、「馬のやることは分からん」ということで今はすっかり足を洗ってしまいましたが(笑) 英語学習続けられているんですね。せっかくの英語力をお持ちなんですから、是非継続してください。
TEX加藤 | URL | 2009/02/14/Sat 20:12 [EDIT]
とことんTEX加藤さん
本当にTEX加藤さんは手をつけたらとことんまで追求するんですね。中学の音読練習、トレペ、TOEFL、英検、テニスとどれもとことんまでやりつくしていますね。その勢いと迫力がとてつもないです。このブログからそのあくなき心意気が伝わってきます。ファンタスティックです。
k2 | URL | 2009/02/15/Sun 20:35 [EDIT]
k2さん
いえいえ。単に凝り性なだけです。英語もテニスも素人の楽しみの域を出ていません。せめて英語学習ぐらいは頑張って継続して、何かしら誇れる形にしたいですね。ふぅ。今日はセミナーの課題を今までやっていたのでフラフラです。明日な仕事なのでもう寝ます(笑)
TEX加藤 | URL | 2009/02/16/Mon 01:18 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.