アイデアのヒント
今日は、なぜかこのブログで、TOEICの解答速報に次いで反響の大きい、本のご紹介です。私は商品企画を生業としているので、普段、企画やらマーケティングの本をよく読みます。その中で、「アイデアのヒント」(TBSブリタニカ)という本が非常に良書で、英語学習者の皆さんにも何かしら得るところがあるのではないかと思いますので、ご紹介します。

この本は、簡単に言いますと、アイデアを出すためのコツを、米国の広告マンがまとめた本です。皆さんの参考になりそうな部分を抜粋しますので、「アイデア」の部分を、「TOEIC」や「英語」等に皆さんご自身で置き換えてご参照ください(一部編集してあります)。

「楽しんでやった人ほどよい成果をあげる」というのは、何に対しても通用する真理である。人生を無駄にしてはいけない。楽しもう。

アイデアが得られるかどうかは、先天的な能力ではなく、「自分はアイデアを出せる」というあなたの信念にかかっている。できると思っている人はできる。できないと思っている人はできない。きわめて簡単なことである。自分を信じよう。

アイデアを手に入れられる「だろう」とイメージするのではない。「すでにアイデアが手に入った」状態をイメージするのだ。称賛され、感謝され、報われた自分を想像しよう。それはきっと現実になる。

知りたがりになろう。あなたが生まれつき好奇心が強いタイプならいい。だが、そうでないなら、無理にでもそうしよう。まず心がけることが肝心だ。それも毎日、意識的にだ。

笑われることをおそれるな。誰だってこわい。アイデアの出しすぎで批判された人はいないし、アイデアを考え出すのは素晴らしい冒険だ。

わたしがこれまでに見つけた最も効果的な制約は「時間」だ。締切があると、人間は何とかやり遂げてしまうものなのである。自分に制約を加えてみよう。

もし問題が解けなかったり、泥沼にはまったときは、角度を変えた質問を投げかけてみよう。問題を言い換えてみるだけで正解への道が開け、さまざまな解決法が浮かび上がってくるものだ。

アイデアを生み出したいという熱意は、明日になれば増すだろうか? 待っていてはいけない。詩人エマソンは言った。「情熱なしに成し遂げられた偉業はない」。いま始めよう。重い腰を上げて動きはじめたら、アイデアも動き出し、それまで想像もしなかったような世界が見えてくる。可能性が生まれる。障壁をなぎ倒し、困難を飛び越え、論理を超越できる。

本気になろう。本気になるための一番の方法は金を出すことだ。それが本気になるということだ。本気になれば、身体も動く。

船を燃やそう。退路を断とう。あなたはもし失敗したら、どんな言い訳を使うだろうか。使いそうな言い訳は「燃やして」しまおう。

何より肝心なのは「根気」だ。才能じゃない。金じゃない。教育じゃない。運じゃない。根気と決意だけがすべての道を拓く。たいていの場合、人は失敗はしない。挑戦をあきらめてしまうだけだ。だから立ち止まってはいけない。こだわり続けよう。


なんか書いていて自分でもやる気が出てきました(笑) ということで、3月のTOEIC SWテストを受けようと思います! 早速HPで調べたところ、来週申し込み開始のようです。HUMMERさんのブログに刺激を受けましたしね。これから2ヶ月間しっかりと勉強して、結果をまたご報告しようと思います。え、その前にあんた今週末のTOEIC大丈夫なの、と思った方、全力で頑張りますのでご安心を。対策していないから点数が極端に下がってしまうようではそこまでです(と言い訳を燃やしてみました)。


↓参考になりましたら、クリック頂けるとありがたいです。
banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/01/09/Fri 22:49 [EDIT]
まるで
人生論のような内容の本ですね。
今週末のTOEIC、私は受けられませんが御武運お祈りいたします!

ないないくん | URL | 2009/01/09/Fri 23:48 [EDIT]
人気のコーナーのファンです☆
TEX加藤さん、私もこの本の紹介コーナーのファンです。
今回特に気に入ったのは、「退路を断つ」「時間の制約」「根気と決意」「人生を無駄にしてはいけない、楽しもう」です。
私も船を燃やします!
そして、今度のTOEIC、今ある力をすべて出して楽しんできます!
いつもすてきな言葉(本)の紹介、ありがとうございます。
ねこたろう | URL | 2009/01/10/Sat 00:49 [EDIT]
ないないくんさん
こんにちは。企画やマーケティングの本では、方法論について書かれているタイプ以外に、こうしたメンタル面のアドバイス中心の本もあります。中でもこの本はアイデアを出すための心構えを学ぶには最適です。今週末のTOEIC、頑張ります。応援ありがとうございます。
TEX加藤 | URL | 2009/01/10/Sat 08:25 [EDIT]
Hさん
いえいえ。またの機会に是非お会いしましょう。私はそんなに大した仕事をしているわけではありませんが、英語学習を通じていろいろな方にお会いできるのはとても刺激になります。正直SWはLRに比べて客観的に見て自分の能力が劣ると思いますので、満点なんてとてもじゃないですが難しいとは思います。ただ、何かの目標がないとだらだらしてしまいますからね。ブログを読んで頂いている皆さんにも私の受験記や結果が何らかの参考になればと思います。では。日曜日は全力で頑張りますよ。
TEX加藤 | URL | 2009/01/10/Sat 08:29 [EDIT]
ねこたろうさん
こんにちは。ファンだなどと、ありがたいお言葉。嬉しいです。折を見て、自分がいいなと思った本のみをご紹介しようと思います。英語学習も楽しく、目標を設定して、日々地道に続けることが大切ですよね。TOEIC、互いに頑張りましょう!
TEX加藤 | URL | 2009/01/10/Sat 08:31 [EDIT]
励まされました
私の仕事も、多分やってることはTEXさんのお仕事と同じことだと思います。
この抜粋された文章に、とても励まされました。
ありがとうございました。<(_ _)>

明日、いつもの調子で頑張ってきてくださいね!
TBRも。生では聴けませんが、後でファイルダウンロードして聴かせてもらいます。(^-^)/"
ころりん | URL | 2009/01/10/Sat 12:45 [EDIT]
ころりんさん
こんにちは。ころりんさんもクリエイティブ業なんですね。方法論よりも、こうしたメンタル的な部分をフィーチャーした本の方が私は読んでいて得られる部分が多いんです。参考にしていただけたようで幸いです。明日は他の出演者の皆様にお任せして、私はじっとしています(笑)
TEX加藤 | URL | 2009/01/10/Sat 12:53 [EDIT]
This blog inspires my friend.
TEX加藤さん聞いて下さい!
先日このブログを紹介した友人がTEX加藤さんに感化されちゃいましたよ(笑)
早速今日TOEICの帰りに本屋でこの本を購入していました。
原書を調べてみましたがこりゃかなりの良書ですね。

http://www.amazon.com/How-Get-Ideas-Jack-Foster/dp/1576754308/ref=pd_bbs_sr_1?ie=UTF8&s=books&qid=1231682995&sr=8-1

今だかつてアメリカのアマゾンの辛口のレビューでここまで評価が高い本見たことないですよ。
流石にTEX加藤さんがいかに目利きであるかが分かりました。

そんな目利きのTEX加藤さんに本を紹介するのは恐れ多いのですが、蛇足です。

TEX加藤さんは西田文郎氏の本は読みますか?
今、『10人の法則』を読んでいます。
そこからの引用です。もしも1ミクロでもTEX加藤さんに参考になったらこの上なく幸いです。
引用開始

はっきり申し上げますが、美人を口説くのは、美人でない女性を口説くのより、ずっと簡単です。なぜなら美人というのは、とても淋しい生き物だからです。「美人を恋人にするのは難しい」。多くの人がそう誤解しているせいで、チヤホヤする男がいても、本気で口説こうとする男はあまりいない。それで、意外なほど淋しいのです。

終わり

このユニークな著者の発想が好きです(笑)
P.S.
今日、帰路で友人とTEX加藤さんの留学したときに50円玉を差し出した話でお互い爆笑してしまいました。久しぶりに(笑)のつぼで意気投合してしまいました。いつも楽しいそしてためになるブログに感謝してます。誠にありがとうございます。
k2 | URL | 2009/01/11/Sun 23:25 [EDIT]
k2さん
こんにちは。この本は、私が企画について学生に講義をする際にも、必ず最初に引用します。企画マンとしての心得が凝縮された素晴らしい一冊だと思います。米国アマゾンで原書がそれほど評価が高いとは知りませんでしたが、特にクリエイティブな仕事を生業とされる方ならどなたにでもお勧めできます。西田文郎さんは、オリンピックの女子ソフトボールチームのメンタルトレーナーもされた方ですよね。「10人の法則」は未読ですが、「No.1理論」や「ツキと幸運がやってくる31日の習慣」等は拝読しました。非常に失礼な言い方ですが、あの風貌で「私は女性にもてる」と断言され、実際に幸せな結婚生活を送られていることは私にとっても励みになります(笑) 留学話、楽しい時間を少しでも提供できたのならブログでご紹介した甲斐があります。思い出しても冷や汗モノでしたが。ではでは、今後ともよろしくお願いします。英検と合わせ、是非試験結果を教えてください。
TEX加藤 | URL | 2009/01/12/Mon 00:02 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.