使える英語を磨く!
実家から帰京して、真っ先に行ったことが、「河合塾のセンター試験対策模試全8回分の、残り4回分を終わらせること」だった英語バカな中年男TEX加藤です。

年末年始は、実家の愛犬TEXとも久しぶりに対面し、一家団らんの休日を満喫してきました。おせち料理や自家製のたこ焼きを食べつつ、箱根駅伝を見たり、英作文の演習をしたり(笑)、読書をしたりと、良い充電ができた気がします。2009年という新たな年を、仕事に英語にプライベートにと、飛躍の一年にしたいものです。

このブログの趣旨でもある英語に関しては、「武器として使える英語を磨くこと」を主眼に置いた一年にしようと考えています。具体的には、「読む・聴く」といったインプット中心の学習から、「話す・書く」というアウトプット中心の学習への切り替えです。TOEICのSWテストや英検1級といった試験にも折を見てチャレンジしたいなと思っています。

そのための第一歩として、休み中にいろいろな本を読み、ノート1冊分(といっても30ぺージの薄手ですが)の英作文のトレーニングを行いました。最初は何をしてアウトプットを鍛えればよいのかが見えていませんでしたが、試行錯誤しているうちに、自分なりの方向性が見えてきた気がします。このあたりの勉強法については、成果が出たらこのブログでもご紹介したいと思います。

休み中に、英語学習以外の本も合わせ、十数冊の本を読んだのですが、その中から、 「伝わる英語表現法」(長部三郎著 岩波新書)の次の一節をご紹介します。この本は、長年通訳として活躍され、今でもサイマル・アカデミーや大学で教鞭をとられている筆者が、「単語中心の逐語訳的発想から脱却し、簡単かつ生きた英語表現で日本語の意味を伝えるための方法」を説明した非常に優れた一冊です。

英語は記号の勉強ではない。英語は言語(ことば)、言語は生きている。文法をマスターしても使えない。文法にないことがたくさんある。いやいや英語をやっていると英語の方で逃げていくから、いくらやっても身につかない。

人間関係と同じで、早晩付き合わなければならない英語なら、はやく付き合い方をおぼえた方がいい。日頃、嫌だと思った相手でも、よく付き合ってみれば、いいところの一つや二つはあるものだ。意外に楽しい奴だったりする。英語は付き合う相手として不足はない。毎日でも、一生付き合っても退屈しない。それは人生の素晴らしい出会いだ。英語を通じて知ることができるのは知識ばかりではない。大勢の人たちと出会い、新しい世界、興奮と感動の世界が広がる。


この他にも、 「英語大好き人間なのに英語下手。日本語で考えているとよく英語が出てくるのに、英語を言おうとすると日本語が邪魔をする」などといった“ぐさっ”と来る部分や、 「国際情勢」はinternational situationではなく、what's going on in the worldといってみると、簡単な単語でより生き生きした表現になる等々、なるほどなあと思う部分が多々ありました。

興味をもたれた方、本のご紹介はこちらをご覧ください。TOEICが1週間後なので余裕は無いかと思いますが、英語学習者の皆さんには是非読んで頂きたい良書です。著者はこの本を、「英語再発見の旅」に例えていますが、たまには試験対策の勉強をお休みして、言葉を積んだ船で旅に出かけてみてはいかがでしょうか。新しい発見があるかもしれませんよ。

↓何か得るところがありましたら、クリック頂けると嬉しいです。
banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/01/04/Sun 00:49 [EDIT]
今年も宜しくお願いいたします!
TEX加藤さん、遅ればせながら、あけましておめでとうございます!
昨年は非常にお世話になりました、今年も宜しくお願いいたします。
そして、勝手ながらTEXさんにいただいたメッセージを、僕の”座右の銘”として、ブログ紹介の中に入れさせて頂きました。
あのメッセージのおかげで、1問に対してのキモチが全然今までと変わりました。
本当にありがとうございます。
いただいたリーディングBOXの方もリスニングBOXが終了次第やらせていただきます。

>>ノート1冊分(といっても30ぺージの薄手ですが)の英作文のトレーニングを行いました

凄すぎます、やはりレベルが違いすぎます・・・僕もこの三が日、自分なりにまずまず学習が出来ているつもりになっていましたが、全然甘かったです、さすがTEX加藤さんです。
センター試験の過去問も毎日進めていますが、2002年の追試験の第6問が、1回読んだだけではなんだか?でした。
2~3回読み直すとシチュエーションがつかめたので何とか大丈夫でしたが、センター試験も今の自分のレベルではそんなに甘いものではないなぁ、と感じました。
今年も是非、飲みましょう!
そして「女性になんとかの絵本の読み方講座」にも、参加しますので宜しくお願いいたします。
来週のTBR、楽しみにしています、今日神崎先生とコーヒーを飲みに行ってきたのですが、TEXさんをはじめ、三鷹から豪華メンバーでの放送のようで羨ましいです。
ウィットロックさんにもお会いしたいですし、唐揚げも食べたいです。
スミマセン、余計な話が過ぎましたが、今年もはるか後方からついていきますのでご指導のほど、どうぞ宜しくお願いいたします!
HUMMER | URL | 2009/01/04/Sun 03:51 [EDIT]
Mさん
こんにちは。本に興味を持って頂けたようで何よりです。記事を書いた甲斐があります。英語は生きているって改めて考えるとすごいことですよね。この本、ちょっと高度な部分もありますが、読む価値ありです。ご一読されたら感想などお聞かせください。
TEX加藤 | URL | 2009/01/04/Sun 08:05 [EDIT]
HUMMERさん
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。朝から惰眠を貪ろうかと思いましたが、携帯でHUMMERさんのコメントを読んであわてて置きました。目覚ましコメントありがとうございます。座右の銘とは恐縮するばかりですが、本番で本当に1問をしっかりと重ねることが、帰国子女でもない我々英語学習者にとって、満点に近づく唯一の道だと実感しています。11月満点を逃して改めてそのことを実感しました。

私の勉強量はHUMMERさんの足元に及ぶべくもありません。箱根駅伝や紅白歌合戦を普通に見ていましたからね。だれそうになったらHUMMERさんのことを思い出して気合を入れるとします。いつもブログの学習記録を見るたびに「頑張らねば」と刺激を受けています。

センター試験、なめてるとミスりますよね。追試含めて2005年以降の7回分解きましたが、満点は3回でした。毎回数問間違えてしまいます。最近はTOEICのような問題が出ているので、そっちにも役立つかもしれませんね。2回リスニングを聴く癖がついたので、今週末のTOEICが心配ですが。

TBRは、豪華ゲストのようなので、私はまず本番のTOEICに全力投球します。まったく対策をしていないのでどうなることやらですが、1問を大切にしたいですね。問題との出会いも一期一会ですから(たまに過去問がでますが・・・)

では、こちらこそ本年もよろしくお願いします。Let's improve ourselves by learning from each other. (互いに切磋琢磨しましょう←正月の英作文の成果(笑))
TEX加藤 | URL | 2009/01/04/Sun 08:20 [EDIT]
TEX加藤さん
>英語大好き人間なのに英語下手。
うわぁー、これ私にもグサグサきます。

でも、この本何か気になるので、早々読んでみます。

OJiM(オジム) | URL | 2009/01/04/Sun 16:16 [EDIT]
TEX加藤さん
あらためて、あけましておめでとうございます

ご実家のお正月はのんびりしつつも、
英作30ページに、十数冊の読書と、充実したお休みだったんですね。
“TEX”というのは、お犬様の名前から取ったのですか~。I see.

教えていただいた本、とてもためになりそうですね~。
読みたいリストに入れておきます。
いい本を教えていただいて、ありがとうございました。
Nemo | URL | 2009/01/04/Sun 19:37 [EDIT]
OJiMさん
私もグサッときましたよ(笑) 後半はちょっと高度な部分もありますが、良い本だったので、お時間あれば是非ご一読ください。参考になる部分があると思います。
TEX加藤 | URL | 2009/01/04/Sun 20:39 [EDIT]
Nemoさん
あけましておめでとうございます。TEXは私の実家の愛犬(柴犬)です。人間だと80歳を超える老犬なので、元気な姿を見られるのもそんなには長くないと思っています。独身の不肖息子に代わって家族に幸せな時間を与えてくれたので、感謝の意味もこめてHNにしています。

この本は新書で薄いのですが、ハードカバーで中身の無い本よりもためになる部分がありました。是非読みたい本リストに入れて折を見てご一読ください。

ではでは、本年もよろしくお願いします。
TEX加藤 | URL | 2009/01/04/Sun 20:44 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.