「直前」模試3回分に挑戦
最近TOEICの勉強をさぼり気味なので、ブログで評判の良かった『新TOEICテスト「直前」模試3回分』を購入して、1回目のリスニングを解いてみました。

結果は、

PART1 10/10(勘2)
PART2 29/30(勘2)
PART3 27/30(勘5)
PART4 29/30(勘1)

と、素点が95/100、勘の正解分を除くと、85/100で、換算表を見ると、84問以上正答で495なので、勘も含めるとぎりぎり満点でした。

本番と比較するとかなり難しかったですね。私はPART3が一番苦手で、それがスコアにも表れています。本番対策の模試ということで、最強トリプル模試同様、引っ掛かりやすい選択肢を用意したり、豪・英の発音にかなり訛りがあったりと、あえて難しく作ってある印象です。これが本番だったら焦るでしょうね。本番で勘が10問もあったら満点が危ういです。

どうでもいいことですが、この模試の英国の女性のナレーターさんは、「ダイアローグリスニング」というリスニング本にも出てきた方で、声がとてもキュートです。声に特徴があるので、すぐに、「あ、あの人だ」って分かります。ただ、声は可愛くても、ブリティッシュイングリッシュに慣れていないと聞きづらいのが難点です。

ここでTOEICのリスニング対策を1つ。模試を受ける時は、なるべくCDラジカセで受けたほうがよいと思います。本番もCDラジカセのケースが多いので、私の場合は、CDラジカセでの音量を少し下げたり、窓を開けっ放しにして、本番よりやや悪い環境で模試を受けるようにしています。実際、6月の本試験では、「あ、こんなに音が大きいんだ」と思って気が楽になりました。

普段、携帯音楽プレイヤー等で、周囲の音をシャットアウトした状態で模試を受けていると、本番の時に、音の悪さや音量、周囲の雑音が気になったりするのではないでしょうか。そうした事態を避けるためにも、できるだけ本番に近い形で、ちょっとだけ本番より負荷をかけるのがよいのではと思うのです。

とはいえ、バイクの爆音やセミの鳴き声がする場合はさすがに窓は閉めますけどね。

↓参考になった方はクリックして頂けると嬉しいです。

Comment

管理人にのみ表示する

ラジカセで聞くを TRYします
なるほど、本番に近い環境で模試を受けたほうがいいですよね。ずっとイヤホンでリスニングをしているので、このままだと、本番で聞き取れない!! とパニックになるかもしれませんもんね。次にやる模試でラジカセ&窓を開けでトライしてみます。
mappy_mappy | URL | 2008/09/01/Mon 01:03 [EDIT]
窓あけは
環境にもよるから注意してくださいね。うるさすぎるときっと練習になりません。
ただ、ラジカセは良いと思います。イヤホンだとよく聞こえますからね。私は
なんとなくラジカセで模試を解いていたのですが、本番で違和感がありません
でした。家だとあまり大音量にできないので、本番の音を聞いて、意外と
よく聞こえるなあというのが感想でした。一度是非試してみてください。
集中力を高める練習にもなりますよ。
TEX加藤 | URL | 2008/09/01/Mon 07:05 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.