1月公開テスト正解数換算表
皆さん、多数情報をお寄せいただき、ありがとうございます。1月公開テストの換算表ができました。リスニングがそれぞれのフォームで計82・81問しかないのは、昨年7月以降、スコアには反映されているものの、AM上には出てこないという謎の問題が出現しているためです。なお、今回、Rの495ラインは、メジャーが0ミス、マイナーが1ミスだったようです。マイナーは試験後、難易度が高かったとの感想が多かったので、今回は495を取るのは大変だったかもしれませんね。私のAM(メジャー)はオール100でした。

図1 図2


初めて表をご覧になる場合の表の見方につきましては、こちらの記事をご参照ください。AMの項目の内容につきましては、こちらの記事をご覧ください。

PS:AMの特にリーディングがオール100だとほっとします。自分の普段の授業での指導内容や、参考書に書いている情報の正しさの一つの証明になりますからね。3月は恒例のTOEIC合宿に参加するため私は受験できませんが、受験される皆さん、がんばってください。3月には特急シリーズで神崎正哉さんのPart5特急が出るとの情報をキャッチしました。試験前に取り組まれるとよいのではないでしょうか。僕のPart5本は何とかGW前に出せるようがんばります。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif

Comment

管理人にのみ表示する

質問
アビメの味方について質問させて頂きたく。私は、メジャーでLは88 94 88 97でした。-2,-1,-2,-1で-6で94/100かなー、と思いました。
ところが、合計82となっているので、実際は76/82で、残りの18問はノーカウントなんでしょうか?
だとすると、例えば私がその18問を全て正解し、その18問を全て間違ったが他は全部正解というAさんがいた場合、トータルでは私は94/100で、Aさんは88/100だけど、Aさんはアビメオール100で495となりますでしょうか?
トンチンカンな質問かもしれませんが、ご教示下されば幸いです。
通りすがり | URL | 2015/02/12/Thu 22:56 [EDIT]
通りすがりさん
鋭いご質問ですね。残りの18問はカウントされています。トータルの正解数でスコアが決まるという原則は変わっていません。その証拠に、アビメ上で同じ正解数でもスコアが異なるケースが発生しています。これは昨年の7月までは一度もなかった現象です。なぜスコアにカウントされる問題がアビメ上に出てこなくなったのかは謎です。とはいえ、これはあくまで私の推測です。実際のスコアやアビメの数値の算出方法は運営側にしかわかりません。もう少しアビメをわかりやすくしてほしいですよね。パート別の正解数がわかるようにするとか。現状
では、ほとんどの受験者にとって、スコア以外の数値の意味がまったくわからないので。
TEX加藤 | URL | 2015/02/13/Fri 07:12 [EDIT]
TEX加藤先生,こんばんは。

スコア換算表を試作しましたが,マイナーのリーディングの490点で,
チルさんのアビメ(100,100,100,93,100)と
scorehunterさんのアビメ(100,100,100,90,100)から正解数が異なる
状態になっていますが,そのままにしてあります。

ではでは。
名無しM | URL | 2015/02/17/Tue 19:58 [EDIT]
名無しMさん
換算表作成お疲れさまでした。そうなんですよね。そのお二人のアビメの数値が謎です。ミスの数が異なるのに、どちらも490ですからね。リスニングは正確な正解数が出せなくなってしまいましたし、換算表の役目も再考が必要かもしれませんね。
TEX加藤 | URL | 2015/02/17/Tue 22:20 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2015/02/19/Thu 08:38 [EDIT]
隠しコメントさん
ご指摘ありがとうございます。さっそく出版社に連絡して修正してもらいます。著者プロフィールってたまに変な誤植があります。「英研一級」とか。意外とチェックの盲点なのかもしれません。気を付けないといけませんね。
TEX加藤 | URL | 2015/02/19/Thu 22:04 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.