パート7のイメトレ
081124_0049.jpg 081124_0047.jpg 081124_0046.jpg

今時デジカメも持っていないので、おんぼろPHSの画像で10月のスコアを自慢げにUPしつつ、デジカメも使えない自分のアナログ人間さ加減に将来を憂いてしまう中年サラリーマンTEX加藤です。

さて、今回は、こんなのが役に立つのか、と思いつつ、先月受けたTOEICのパート7が満点だったので調子に乗って、私の場合、どういう風にパート7を解いているのかを少しだけ紹介したいと思います。ただし、これはあくまで私の方法であって、合わない方は、「けっ。こんなのできるかよ」と吐き捨てつつブログを後にしてください。ここでは、難問だったイタリアレストランのダブルパッセージを例にとります。

まず、私の場合、問題文は読まず、先に本文を全てざっと一読します。

まず上の表はイタリアレストランのメニューか。ハーブが使われているのが特徴で、水曜日の夜にはオペラ歌手が来て歌ってくれるのか。メインディッシュとか、サイドメニュー、デザートもあるんだな。まあここは細かく見ないでいいや。

次いで下の文章は、タイトルを見ると、この店で食事した専門家の感想っぽいな。食事もおいしいけど、それだけじゃなくて、雰囲気もいいと。オーナーの努力と人柄で店が成功したと。オペラ歌手のパフォーマンスを見たのか。ということは食事したのは水曜日だな。ただし、サービスが少し遅かったって書いてあるな。ふむふむ。

と、おおよその流れを見たら、次に問題文を読みます。

まずは、「チーズラビオリに付属しているのは何か?」か。どれ、メニューをチェックだ。あ、サイドメニューには全てサラダ付(ea. comes w/ salad)って書いてあるな。チーズラビオリもサイドメニューに出てるから、これはsaladが正解だ。

次は、「レビュワーがMr.○○に会ったのはいつ?」か。Mr.○○はメニューに出てるオペラ歌手の名前と同じだ。だからこれは水曜日だな。水曜日の夜しかパフォーマンスが無いってメニューに書いてある。名前が同じだし間違いない。

3問目は、「レビュワーが店について改善すべきと思ったことは何?」か。味や雰囲気はよかったって書いてあるから違うな。「サービスがもっと早いとよかった」。うん、これだ。レビューの最後に書いてあった。

4問目は、「captureと同義語は?」か。captureってどこにあったっけ。どれどれ。「この店の温かい雰囲気は、capture the warm personality of the owner.」か。captureって「捕まえる」って意味じゃなかったっけ。ゲームのギャラガで戦闘機が捕えられるシーンで出てきたし、プロレスの前田日明の必殺技はキャプチュードだったしなあ。でも文意的に「捕える」じゃおかしいなあ。選択肢にある「represent」だと、「オーナーの温かい性格を表している」って意味で合うな。他の選択肢のcontrolとかは文意に合わないから、ここはrepresentしかない。

最後は、「店は何で飾られているか」か。そんなのどこに書いてあったっけ? とここで、「店を飾っているもの」という情報に絞って最初からレビューを読む。絵が幾つか店内に飾ってあって、「オーナーのfavorite ingredients(好きな食材)」をモチーフにしているって書いてあるぞ。ということはherbが正解かな。でもherbの絵って何か変な気もするけどなあ。でもそう書いてあるんだから、これしかないか。

と、こんな感じで、本文に書いてある情報から正解を見つける、ということを主眼において解いています。「なんだか4問目と5問目は頼りないなあ。満点ラッキーだったんじゃないの」と思った方、そういうぐさっとくる指摘をされると困ってしまうので、さらっと読み流してください。

私の場合は、「全体把握→問題文を読む→特定の情報を見つけるために本文に戻る」というサイクルを繰り返してパート7は解いています。前回の靴の問題のように、設問が2問しか無い場合でも、必ず本文をまず全て読んでいます。ただし、問題文を読んで、もう一度本文に戻って読み直す際は、「設問で問われている情報を探す」という視点で読んでいるので、それほど時間は掛かりません。

ふと思ったのですが、高得点者が、どうやってTOEICの問題を解いているのかを実況中継する教材があってもいいのではと思います。受験参考書なんかではありますよね。テニスでもプロのスイングを見てイメージを焼き付けるのが上達への近道だったりしますし、できる人がどのような思考で本番のTOEICを解いているのかを紹介する本があっても良いのではと思います。タイプの違う人に複数名同じ問題を解かせて、その解き方を紹介すれば、自分に合った解き方を見つけられそうです。あったら売れないかなあ。

↓最後まで読んで頂き、ありがとうございます。応援頂けるとありがたいです。
banner2.gif

Comment

管理人にのみ表示する

大変参考になりました。
TEX加藤さん、こんばんは!この記事は僕にとって大変参考になりました。最初に本文の概要把握→問題文→特定の情報検索のため、本文に戻る。TEX加藤さんの解き方、凄く良さそうです。リーディングBOXで試してみます。本当にありがとうございました!
土佐犬 | URL | 2008/11/24/Mon 01:40 [EDIT]
土佐犬さん
こんにちは。コメントありがとうございます。出張お疲れ様でした。まずは体調を整えてください。この方法は私のやり方なので、時間が無い場合は、HUMMERさんが前回使われたスキャニングが役立つかもしれません。私の場合、ブログで書くことも想定して、日本語の本の場合も、まず全体を読んで、「TOEICの勉強に参考になりそうな部分」という視点で再読したりします。そうすると、2回目は関係ない部分は読み飛ばせるので、ぐんと1回目よりは早く読めます。英語の場合、それ以前の大意把握に時間が掛かるといけませんが、参考にしていただければありがたいです。では、11月頑張りましょう!
TEX加藤 | URL | 2008/11/24/Mon 07:09 [EDIT]
こんにちは
こんにちは。私も同じ方法で解いています。TEX加藤さんも同じ方法だったから安心しました(笑)。私は、フォトリーディングの講座を受講してから、この方法が出来るようになりました。私の場合は10分位余るのですが、TEX加藤さんはもっと余るんですよね?リーディングは、文法と語彙でミスをしています。こればかりは、速読を使ってもどうにもならないです(泣)。
toeicmaniac | URL | 2008/11/24/Mon 07:58 [EDIT]
はじめまして!
TEX加藤さん

はじめまして。OJiMです。
いつもブログ読ませていただいていましたが、初コメントさせていただきます。
TEX加藤さんがPart7どうやって解いているのか気になっていたんですよ。
私も最初に問題文を読まずに全文を読む方法をずっと続けています。
最近点数の伸びが止まってきたので、やり方変えようかと迷ってましたが、
今日の記事を読ませていただいて、今のやり方を続けることにしました。

今後も有益な記事をお願いします。
ブログにリンクを張らせていただきました。



OJiM(オジム) | URL | 2008/11/24/Mon 08:05 [EDIT]
いつも・・・
ほんとに参考になります<(_ _)>。このブログ自体、役に立つ情報であり超有益な教材ですよ!(^-^)

人によって向き不向きがあるんでしょうけど、私もパート7は全体把握から行ったほうがスムーズに解けます。
リスニングもそうですが、試験であるということを忘れて(あるいはそれを超えて)、問題自体に自分との利害関係を感じながら読む(聴く)と、断然正答率が高くなります。言葉を換えれば、ストーリーや記事に興味を持てるか否か、が点数に大きく響きます、私の場合。

P.S.ところでTEXさん、同い年です!前からどうも未年のニオイがすると思ってました(笑)。
ころりん | URL | 2008/11/24/Mon 09:00 [EDIT]
toeicmaniacさん
こんにちは。コメントありがとうございます。フォトリーディングっていま流行しているようですが、私はそういう講座は受けたことが無く、本を読むのが好きで多読しているうちに読むのが早くなりました。きっとそうした技術はTOEICでも役立つでしょうね。私は大体15-20分残して終了しますが、10分残しでも十分早いほうではないでしょうか。我々のやり方が王道ではと思いますよ。文法と語彙は多読で感覚を身につけるとともに、特に文法はいつも間違う場所を分析して、その部分だけでもFORESTのような文法書を読んだほうがよいのではと思います。私も9年前受けた時は文法がミスが多くて、そのやり方で克服しましたから。では、次回1月受けられるようですが、頑張ってください。
TEX加藤 | URL | 2008/11/24/Mon 12:20 [EDIT]
OJiMさん
はじめまして。コメントありがとうございます。本番一週間前ですから、今の方法は変えず、やってきたことに自信を持って、集中力を高めることと、精度を上げることに専念されるのがよいのではと思います。パート7では、答えは必ず本文の中にあるので、それをいかに早く見つけるかが鍵になると思いますので、集中して取り組んでみてはいかがでしょうか。とにかく集中して、全力を出し切りましょう。頑張ってください。
TEX加藤 | URL | 2008/11/24/Mon 12:27 [EDIT]
ころりんさん
はじめまして。お褒めのお言葉ありがとうございます! 同い年ですか。神崎さんも同じですよ。昭和の香りのする世代ですね。確かにおっしゃる通り、私も感情移入しながら読んでいますよ。なので、自分があまり関心の無い、金融系の問題が出ると難しく感じます。この部分は普段の模試などで慣れてカバーするしかないですね。では、今後ともよろしくお願いします。
TEX加藤 | URL | 2008/11/24/Mon 12:31 [EDIT]
やっぱりそうですよね!
私もTEX加藤さんと同じ方法でREADINGセクションを解いています。質問を先読みしろ、という声が多いように感じるのですが、私にはなぜかあまりしっくりこないのです。人それぞれのやり方があっていいと思いますが、TEX加藤さんと同じ、まず本文を読むというやり方でいいんだと気付き、少しホッとしました。
渥美クライマックス | URL | 2008/11/24/Mon 22:48 [EDIT]
渥美クライマックスさん
こんにちは。コメントありがとうございます。リスニングもリーディングも自分に合ったやり方が一番だと思います。残り一週間ですから、自分なりの調整方法でピークの調子で本番を是非迎えてください。互いに頑張りましょう!
TEX加藤 | URL | 2008/11/24/Mon 23:02 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.