二つの音
もうすぐ4月です。学校でも、入学前の手続きをする新入生の姿をちらほらと見かけるようになりました。私は来週最後の3日間の集中講義(1クラス200人以上で1日6時間という大仕事)があって、それが終わればいよいよ新学期がスタートします。

この時期になると毎年思い出すのが、TOEIC講師として私に自信を与えてくれた「二つの音」です。

私が約20年のサラリーマン生活を経て、TOEIC講師に転身したのは、今から4年前の2010年の春、明海大学と神田外語学院での授業でした。2009年末からエッセンスで社会人向けの授業を少しずつ担当し始めてはいましたが、自分と倍以上年齢の違う学生相手に授業をした経験はありません。自分が彼女たち(生徒の8割以上は女子です)に受け入れられるのかはまったく未知数でした。

当時、明海大学では、通常授業後、夜2コマの補習があり、講師が曜日ごとにさまざまなクラスを担当していました。講義を始めて数日後、私があるクラスの教室のドアを開け、教室を間違ったことに気付き、「あ、間違った」と言って教室を出ようとしたとき、教室にいた学生たち(7-80人だったと思います)がいっせいに、「えー」と残念そうな声を上げたのです。「もしかして自分は学生たちに支持されているのかも」と、感じた最初の瞬間でした。

その同じ週の金曜日。神田外語学院の一週目の授業で、私が「家庭用プラネタリウム」を商品化した際のエピソードを話し、「熱意があればたいていのことは実現できる」と話を結ぶと、教室にいた三十数名の学生たちから自然に拍手が起こりました。それを聞いて、「熱意があればどんな仕事でも道は開けるのだ」と実感したのです(この話は以前にこの記事でも書きました)。

あれから4年経ちましたが、私に自信を与えてくれた、あの「声」と「拍手」は今でもはっきり覚えています。今後も、初心を忘れず、まだまだ未熟な講師としての知識やスキルに磨きをかけなければと思っています。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif

Comment

管理人にのみ表示する

素晴らしいですね。
お久しぶりです。最近転職したのですが、以前の仕事の方が良かったかな?と、お約束のパターンにはまっています。熱意だけではなくやはり実力がともなってはじめて成果は出るのですね。6月のTOEIC申し込みしました。この一年、結婚後は仕事ばかりで英語を勉強する時間があまりなく、日常会話はともかく、TOEIC用の英語力は低下しています。でも、やはり年に一回は受けておかないと駄目ですよね。波紋効果が頑張ります!でわ!
TOSHIAKI | URL | 2014/04/25/Fri 15:03 [EDIT]
TOSHIAKIさん
転職されたんですか。どんな仕事にも一長一短はありますから、過去は振り返らず前進してください。6月のTOEIC楽しんでください!
TEX加藤 | URL | 2014/04/25/Fri 23:57 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.