金のウィーク
新学期最初の一週間が終了しました。生徒と初対面となるこの一週間は一年で最も重要で、教える側としても緊張感や疲労感が普段の授業よりはるかに大きく、授業後の講師室では、「終わったあ」という講師のほっとした声があちらこちらから聞こえてきます。講師にとっては「金のフレーズ」ならぬ「金のウィーク」なんです。

大学や専門学校では通常、週一回の授業が、1・2学期各15回、年間計30回あります。その30回の授業がうまく行くかどうかはこの最初の授業にかかっています。生徒からの第一印象が良いと、2回目以降の授業運営がしやすくなりますが、悪い印象を与えてしまうと挽回するのは非常に困難です。それだけに先生にのしかかる重圧はかなりのものです。

私が今でも覚えているのは、サラリーマンから講師に転身した最初の週に行ったある授業です。何の話をしようかあれこれ考えた末、前職で「家庭用プラネタリウム」を商品化した際のエピソードを通じて、「やればできる」ことを伝えることにしました。前の日に話のリハーサルを何度もして、いざ本番。教室に入ると、30数名の生徒は全員1年生の女子。どういう反応があるかはまったく読めませんでしたが、私が話を終えると、彼女たちから一斉に拍手が起こったんです。嬉しかったですね。私が講師としてなんとかやっていけるかも、と思ったのは、あの拍手の瞬間だったかもしれません。

それ以降、毎年最初の授業で同じエピソードを披露していますが、拍手が起きたのはその1度だけです。でも、生徒の印象には意外と残っているようで、時々話題に出ます。「おもちゃクリエイター」時代の仕事がこんなところで役立つとは思ってもいませんでしたが、仕事に掛ける熱意は人の気持ちを動かすのでしょう。

TOEICとは関係のない話になってしまいましたが、私は今年もTOEICの授業を週十数コマ受け持っています。これまで同様TOEIC指導がメインの仕事です。下は200点台から上は900点台まで、さまざまなレベルの生徒を相手に授業をするので、講師としてのスキルをますます磨かなければいけません。そのためにもTOEICは可能な限り継続受験します。

明日大阪でヒロ前田さんの無料イベントがあるそうです。ご興味のある方、足を運ばれてはいかがでしょうか。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

ご無沙汰しています。
TEX加藤先生、こんばんわ。
本日、つかの間の休日に書店で羽生善治『大局観』をたまたま手に取ったら、この著者の書籍をすべて読破しているTEX加藤さんは今頃どうしているだろうと思ってブログに訪れたしだいであります(笑)

前置きが長くなりましたが、拍手の話すごくよくわかりました。私も2010年度の初授業(当時は派遣教師)にありったけの力をこめて話をしました。すると自然に拍手が起こりました。あの瞬間は忘れられません。

そしてその話を原形にして毎春、同じ話をするんですが、生徒がその当時のリアクションを上回ることはありません。教師という仕事をしていると毎年同じようなことがあるので、どうしても教員生活一年目のように青空のような澄み渡る新鮮な気持ちで教壇に上がることができなくなります。

だからこそ、スタート地点の出来事を忘れるわけにはいきませんね。この記事を読んでいい思い出を回想することができました。ありがとうございます。

正規になると授業に100%の労力と時間を割けなくなるかと思います。それでも授業が一番大切であることを常に胸に刻みたいですね。
k2 | URL | 2013/04/20/Sat 17:26 [EDIT]
k2さん
お久しぶりです。将棋と言えば、今日、A級棋士がコンピュータ将棋に敗れるという歴史的な出来事がありました。将棋新時代を感じさせるようなコンピュータ将棋の強さには正直驚きましたが、プロ棋士の奮起に期待しています。今年も互いに初心を忘れず、生徒のために頑張りましょう! 
TEX加藤 | URL | 2013/04/20/Sat 21:49 [EDIT]
金フレの正誤表に関して
金フレの誤植に関して、出版社のHPではまったく公開されていません。
このHPでも正誤表が見つからなく諦めていたのですが、Googleの検索で
正誤表のページが直接見つかりました。一度わかればそれまでですが、
カテゴリの中に単独で正誤表の項目を追加していただけると、初めて
ここを訪れた人でもすぐにわかるのではと思いました。また、カテゴリの
メニュー枠自体がもっと上の方に表示されている方が良いのではと思いました。
MS | URL | 2013/05/02/Thu 20:28 [EDIT]
MSさん
コメントありがとうございます。ご不便をおかけしてすみません。誤植情報に関しては出版社に連絡をし、著者ページへのリンクを検討してもらっています。カテゴリーのレイアウトはFC2のテンプレートを使用しており、私には変更することができませんので、「著書情報」カテゴリーを1番上に上げさせていただきます。
TEX加藤 | URL | 2013/05/02/Thu 20:34 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.