捨てる力
山ほどある情報から、自分に必要な情報を得るには、「選ぶ」より「いかに捨てるか」のほうが重要である 「捨てる力」(羽生善治著・PHP文庫)

羽生さんの最新刊が出たので早速読みました。これまでの著作同様、TOEICにも通じる部分がたくさんあってとても勉強になります。

タイトルの「捨てる力」ってTOEICでもとても重要です。たとえば、私の場合、ほとんどの問題で、見た瞬間に正解以外の選択肢は捨てています。無駄な解答時間が極端に少ないわけです。わかりやすい例として、Part5の問題を解く際、以前は、4つの選択肢を比較的丁寧に検討していたのですが、今は、正解以外の選択肢はさっと見る程度で、ほとんど検討していません。2つの選択肢のどちらにしようか検討する問題は数問です。うまく言えませんが、正解の選択肢だけがはっきり見えて、不正解の選択肢はあまり見えていない感じです。

「捨てる力」は初中級者と上級者との大きな違いの一つだと思います。たとえば、初中級者は、正解以外の選択肢を捨てるのにとても時間がかかります。あるいは、自分の実力で解けない問題を捨てきれずに時間を浪費したり、正解の選択肢を誤って捨ててしまったりします。上級者は「捨てる力」が高いので、制限時間を有効に活用しているはずです。

初中級者の方が「捨てる力」を養うために有効なのは、大量の問題演習です。たくさん問題を解いているうちに、「あ、これが正解だな」という「TOEIC勘」が養われます。上級者の場合、そこからさらに一歩進み、直感に「論理」を加えたいところです。「直感でこれが正解だと思うけど、こうだからやっぱりこれだな」と直感を補強するイメージです。そうすることで解答の精度が上がります。

私はTOEIC指導を仕事にしていて、ずっとTOEICを受け続けているので、必然的に「捨てる力」は高くなります。ですが、以前は、直感で答えを選んでミスをすることがたびたびありました。今は、「直感→論理検証→見直し」というプロセスを経て解答するようにしています。えらく時間がかかるように一見思えますが、正解の選択肢の検討時間が多いだけで、不正解の選択肢にはほとんど時間をかけていません。この一手間をかけるようにしたことが、安定して990を取れるようになった要因の一つだと思っています。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

まだ「問題を捨てる方の力」が大いに必要・・・
先生のおっしゃることはすごくわかります。
まだ500から600点弱レベルなのに(なので、かもしれませんが)、「わからない問題に」未練がましくいっぱい時間を掛ける、ということをしていました。
それは、上記の実力なのに、「800点900点レベルのエキスパートの方がすべきやり方をしていた」ということだと思います。
それだけ取れないのは重々分かっているのに、試験用紙に向かうと、「ひとつ残らずきっちり回答してやろう」、となってしまうのです。
その結果、多分「1番か2番かで迷ってる・・・・時間をかけて検討・・・でも正解は4番でした(笑)」ということも結構あると思います。
で、パート7が20問残しとか・・・
まあこれでは550点が関の山か・・・と。
12月と1月はこれを気をつけてした結果、600点には到達しました。
まああとは問題をやっていくしかないので、やっていこうかと思います。
今手元に公式問題集を含め何冊か買いました(※)道のりは長いがやってみよう。

(※:何冊かの中に「読解特急」も入っています(笑)。)
ぷらちなロード | URL | 2013/02/19/Tue 23:06 [EDIT]
ぷらちなロードさん
本試験では「捨てる力」や「あきらめ力」が必要です。それも実力の一つだと思って、とにかく自分の実力を出し切ることだけに専念されるとよいのではないでしょうか。本試験では背伸びせず、自分の実力で解ける問題をしっかり正解することが大事です。普段から地道な努力を重ね、「捨て問」を少しずつ減らしましょう。
TEX加藤 | URL | 2013/02/19/Tue 23:29 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.