積み重ね
「金フレ」5刷、「入門特急」4刷、「読解特急3」4刷、が決定し、著書の累計販売部数が20万部を超えました。読者の皆様、ありがとうございます。「金フレ」のアマゾンでの在庫薄について読者からお問い合わせをいただきましたが、危険な本として発禁になったわけではなく、近日在庫が復活するはずです。ご迷惑をおかけしておりますが、今しばらくお待ちください。

私が神崎さん・ダンとの共著「読解特急」を出版したのが2009年9月ですから、「20万部」という数字を見ると、もうそんな数になったのかあと、感慨深いです。TOEIC受験の際、毎回毎回1問1問を全力で解く。ブログの記事は毎回なるべく読者にとって有意義なものにする。こうした「小さな積み重ね」の大切さを改めて実感しています。

では、本日の問題演習です。

The ------- of the runway at Tex Airport is expected to take about three years to complete.

(A) length
(B) lengthen
(C) lengthened
(D) lengthening


TOEICの品詞問題を解く際、「冠詞と前置詞の間は名詞」が鉄則ですから、「長さ」という意味の名詞(A)lengthを選んでしまった方もいらっしゃるかと思います。初中級者ならそれで間違っても仕方ありません。でも、(A)を空所に入れると、「滑走路の長さ」が「完了までに3年程度かかる見込みだ」となってしまい文意が通じません。そこで、(D)のlengthening(延長)を入れると、「テックス空港の滑走路の延長は完了までに3年程度かかる見込みだ」となり、正しい文が完成します。

TOEICに詳しい方なら、「え、動名詞って冠詞が付かないんじゃないの」とか「他動詞の動名詞って目的語がないといけないんじゃないの」って思いますよね。動名詞はその名の通り、「動詞」と「名詞」の機能を合わせ持っています。たとえば、Lengthening the runway is important.なら、「Lengthening the runway」は「他動詞+目的語」の形で「動詞」としての機能を持ちつつ、主語になる「名詞」の役割を果たしているので、「動名詞」です。ところが、問題文の「the lengthening of the runway」では目的語がなく、動詞としての機能がなくなっています。「動名詞-動詞=名詞」で「延長」という名詞になったと考えると分かりやすいと思います。

最近の公開テストでは、こうした「TOEIC常識破り」の問題が出題される傾向にありますから、特に上級者の方は、過度に「TOEIC常識」に縛られないよう、あくまで自然な英文を完成させるという視点で試験に臨まれるとよいのではないかと思います。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

fukken
この類の動名詞の問題が、『公式問題集Vol.5』にも出ていました。

奥が深い英文法、追究の楽しみは尽きません。
| URL | 2013/01/25/Fri 15:13 [EDIT]
試験場なら、火事場の馬鹿力で答えるのでし
ょうが、普段なら間違えそうですね。
猫丸 | URL | 2013/01/25/Fri 19:54 [EDIT]
fukkenさん
そうですね。講師としては日々修行が必要ですよね。
TEX加藤 | URL | 2013/01/25/Fri 21:36 [EDIT]
猫丸さん
大量にTOEICの問題演習をこなしていると、反射的に答えを選んでしまうんですよね。私もそれで以前間違えたことがあります。
TEX加藤 | URL | 2013/01/25/Fri 21:38 [EDIT]
いつも興味深い、記事で大変勉強をさせて頂いています。
上記の「動名詞-動詞=名詞」で「延長」と
いうのがピンときませんでした。
自分はlengthenは他動詞でもあり、自動詞でもあるので、
この場合は自動詞の動名詞で「延長」と考え、
解答したのですが、このプロセスでよかったのでしょうか?
ちなみに私も金フレ愛用者です♪
masa | URL | 2013/01/25/Fri 23:39 [EDIT]
masaさん
自動詞だと「伸びる」という意味になってしまいますから、「滑走路」が自分で伸びることはできないので意味的に不自然ですね。「影」や「時間」が主語の場合は自動詞として使われますが。「延長する」の意味では他動詞ですから、そのlengthenの動名詞が目的語を失って名詞化した形と考えるべきではと思います。金フレを愛用いただきありがとうございます!
TEX加藤 | URL | 2013/01/26/Sat 00:08 [EDIT]
-ingがつく場合の語感
お久しぶりです。大きなお世話かもしれませんが、文法的な説明に立ち入ってしまうと英語嫌いを増やしてしまわないか心配です(苦笑)

文法が苦手な自分のような立場だと-ingがつく場合の語感をまず理解することを方がしっくりきます。-ingには、例えそれが文法的に名詞になったとしても「~すること」という動作的意味合いが残ると思うのです。「延長」といった語もそうですが、日本語に訳してしまうとこの-ingの語感が落ちてしまいやすいので特に注意が必要ですよね。

以前自分がやっていたブログで取り上げたことがありますが、グランドオープンという日本語は、英語だとgrand openingにならないといけないんですよね。英語の語感では「開店する」という動作の意味が込められているので-ingのついたopeningでないとおかしいのでしょう。TOEICによくでるjob openingにしても普段は埋まっている仕事だけど、「一時的に空きが出ている」という語感があるからopeningが使われていると思っています。

handle(取っ手)とhandling(取り扱うこと)のように明らかに意味が変わる場合は混同しにくいですが、今回の例題や以下のような例の場合には日本人英語学習者には意味的な違いを意識しにくいかもしれませんね。

price(価格) pricing(価格をつけること、価格設定)
schedule(予定) scheduling(予定を組むこと)

ただ、ひとたび-ingの語感をつかめれば、今回の問題は文法的操作をしなくても選べるようになるのではないかなと思っています。

Yuta | URL | 2013/01/26/Sat 05:20 [EDIT]
中級者ふるい落とし
今回のポイントは、結構話題になりましたね。

この問題には
「中級者をふるいにかける」
というようなアイテムライターの意図を感じました。

空欄は名詞、lengthは名詞、
という知識のある受験者だと
誤答lengthを選びがちです。

この問題はもう一歩突っ込んで
「その選択肢で文意は通じるかどうか?」を
チェックしていますね。

つまり「文意を考えなかった受験者は
誤答を選ぶ仕組み」になっている。

私も、「ん?どっち?」と思いましたが
文意を確認したので、正解を選べました。

どうも最近の傾向として
「文意、文脈をとらえないと正解できない問題」
が増え、

「意味を考えなくても形だけで正解できる」
タイプの問題が、割合として減ってきているように
感じますが、いかがでしょう。

Yutaさん、さすが上級者ですね。
現在分詞、動名詞の「イメージをとらえる」
という話は、とても説得力があります。
VOZE | URL | 2013/01/26/Sat 08:41 [EDIT]
Yutaさん
おおっ。Yutaさんじゃないですか。ブログを閉じられる際、コメントを残しそびれてしまったので、お待ちしておりました(笑)いろいろとお世話になりありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。ブログを楽しみにしていた方も多いと思いますので、また不定期更新で構わないので復活される日をお待ちしています。おっしゃる通り、ingの語感を身につけ、柔軟に使えるのがベストでしょう。我も答えを選ぶ際、文法的なことは考えていませんから。とはいえ、こういう出題例は少なく、通常は名詞を選ぶのが鉄則ですし、意味を考えると解くのに時間がかかりますから、どちらの指導法がよいかは相手のレベルに寄るかと思います。難しいところです。
TEX加藤 | URL | 2013/01/26/Sat 10:15 [EDIT]
VOZEさん
テスト全般に言えることですが、テスト対策の参考書をアイテムライターも研究していて、「参考書破り」の問題を意識的に入れていると思います。解答時間が足りない初中級者は別として、上級者は、Part5・6については文意までつかむようにしたほうがいいですね。
TEX加藤 | URL | 2013/01/26/Sat 10:19 [EDIT]
祝とサプライズ
>「金フレ」5刷、「入門特急」4刷、「読解特急3」4刷、が決定し、著書の累計販売部数が20万部を超えました。

TEX加藤先生、おめでとうございます!20万っていう数字は計り知れませんよ。私が生涯出会う生徒が約1万(200名×40年)と見積もっているので、この4年間ですでにTEX加藤さんが書籍を通して出会った方は全員がTEX加藤先生をこよなく愛す(TOEIC本はTEX加藤氏の本しか買わないという熱狂的TEXファン)リピーターだと仮定しても、4万人は堅いですね。ホントに素晴らしいですね!今後のご活躍も期待しています。

これは余談ですが、つい先日某所でTOEICミニオフ会のような場で、TEX加藤先生の著書である『金フレ』の話題で持ちきりでしたよ。とある熱狂的なファン(女性)の方なんて、この前の公開テストで話題になったとある単語の意味が気になって、ハンドバックからいきなり取り出して、嬉しそうに確認していましたからね(爆笑)ちなみに私が答えた意味(英検1級出る順単熟語より参考)では腑に落ちなかったらし、わざわざハンドバックから取り出して笑みをこぼしながら自ら点検していた点が、同係業者として完敗でしたよ(笑)

タイトルのサプライズはYutaさんの超レアかつプレミアなコメントでした。
待てば海路の日和がありましたね。
k2 | URL | 2013/01/26/Sat 18:02 [EDIT]
k2さん
20万部って東京ドームが4回満員になる数字ですからね。本当にありがたいです。「金のフレーズ」の販売の数字がここにきて上がってきたのは、一人一人の読者の口コミのおかげだと思っています。口コミの力をあらためて実感しています。Yutaさんにはまた是非不定期でもいいのでブログを再開して頂きたいですよね。
TEX加藤 | URL | 2013/01/26/Sat 19:05 [EDIT]
類似は?
既に多くのコメントが出ているのですが、これは1月のメジャー問題に出た
故のTEXさんからの注意ポイントと理解しました。
・wide→width、widen→widening (#177回)
・long→length、lengthen→lengthening
前者は「何m」という物理量を示す名詞で、後者は「拡げる」「延長する」
という他動詞の動名詞なので、きちんと区別できるべき良問なのでしょう。
ところで、他に類似はありますかねえ?
shorten、harden、warmぐらいしか思いつきませんが問題は作りにくそう。
敢えては、hardening-hardness、warming-warmth にしかなりませんので
少しオタクっぽいでしょうか。
ゆニいク | URL | 2013/01/27/Sun 18:18 [EDIT]
ゆニいクさん
本試験で出題された問題に関しては再現が禁じられていますので、コメントは差し控えさせてください。
今後も新傾向の問題が出てくると思いますが、試験技術にとらわれず、柔軟に対応しましょう。
TEX加藤 | URL | 2013/01/27/Sun 21:46 [EDIT]
すみませんでした。
そうでした、「再現不可」でした。ありがとうございました。
しかし、確かに「TOEIC用教材のみ」での学習ではちょっとだけ「枠外」が来た
時に対応できない感がありますね。私は、英検1→通訳ガイド→TOEICの順
に注力してきましたが、それぞれの勉強で養ったことも役に立っていると感じる
時があります。柔らかく・広くやってみます。
ゆニいク | URL | 2013/01/28/Mon 00:01 [EDIT]
ゆニいクさん
英検や通訳ガイドの勉強はきっとTOEICにも役立つでしょうね。私も「TOEIC脳」になりすぎないように注意したいです。
TEX加藤 | URL | 2013/01/28/Mon 07:16 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2013/01/29/Tue 20:24 [EDIT]
隠しコメントさん
いえいえ。こちらこそ、ご迷惑をおかけしました。金フレが喜んでいただけること、願っています。
TEX加藤 | URL | 2013/01/29/Tue 20:33 [EDIT]
去年初めてtoeic受けたときは330点。
点数を上げたいが、公式問題集は難しすぎるし、分厚い問題集は一周する自信がない。
そんな時に特急シリーズに出会いました。
今ではギリ600点です(笑)
TEX加藤さんの金フレや読解特急は相当お世話になりました。
まだまだお世話中ですけどね(笑)

20万部おめでとうございます!
もっと売れていい本だと本当に思います。
mori | URL | 2013/01/30/Wed 00:02 [EDIT]
moriさん
特急シリーズがスコアアップに貢献できたようで私もうれしいです。あ、金フレ単体で20万部ではなく、私の著書10冊累計での数字です。今後は単体で10万部売れる本を作れるよう頑張ります。
TEX加藤 | URL | 2013/01/30/Wed 00:38 [EDIT]
=^-^=
おお、20万部突破おめでとうございます!今回の問題、解くのに4分間悩んで正解しました。だから、毎回時間切れになるんですね。年末から年明けまでアメリカに旅行しておりました。飛行機の乗り換えは疲れましたが、いい経験になりました。半年ぶりに3/17のTOEICを受けます。頑張ります!
TOSHIAKI | URL | 2013/01/30/Wed 14:28 [EDIT]
TOSHIAKIさん
ありがとうございます。Part5は1問30秒以内に答えを即決してください。3月の試験、ベストスコアを目指しましょう。
TEX加藤 | URL | 2013/01/30/Wed 23:58 [EDIT]
私は見事にAを選びました(笑)
少なくとも、 BとCは入る余地がないとは思ったのですが。

もっと怖いのは、Aを見た瞬間に思考停止に陥ったことです。
具体的には、これが試験だったら、Aが入ると思った途端に次の問題に行こうと思っただろうということです。
ぷらちなロード | URL | 2013/02/02/Sat 07:46 [EDIT]
ぷらちなロードさん
おっしゃる通り、TOEICに詳しくなりすぎると、特にPart5では「TOEIC思考」になってしまいがちです。「正しい英文を作る」という視点が特に上級者には大切ではと思います。
TEX加藤 | URL | 2013/02/02/Sat 11:13 [EDIT]
TEXさん、おはようございます。
ご要望にお応えして、新規ブログを立ち上げました(笑)。というのは冗談で、映画の予告編を使って学べるサイトが便利で、是非とも知らせたいと思ったからです。あとは自分メモとしてブログって便利なんですよね。

http://unchartedterritory.blog.fc2.com/

映画好きの学生がいたら是非是非次のサイトを紹介してあげてください。(日本語訳がないのが欠点ですが。。。)

http://www.simpleenglishvideos.com/all-movies/

TOEICはほとんど取り上げず、自分が読んだ英文記事のメモのような記事になってしまうと思いますが、新規ブログでもよろしくお願いいたします。
Yuta | URL | 2013/02/03/Sun 09:58 [EDIT]
Yutaさん
おおっ。復活されたようで何よりです。気が向いたらで結構ですので、また鋭い視点でのTOEIC関連の記事を期待してます!
TEX加藤 | URL | 2013/02/03/Sun 20:51 [EDIT]
the respect of people
はじめませて。金フレを読んでいて、前から疑問に思っていた点がでてきたので、思い切って質問させていただきます。もしお時間あるときに何かご回答いただければとても嬉しいです。
p29 のearn the respect of poeple
の"of people"に関して。所有格の'sは人間や生物のとき使うというのが一般的な文法書の説明ですが、"of people"はよくみるような気がします。ただ手持ちの文法書ではそこら辺の説明が見あたりません。
こういうときは人であっても ofを使うことが多い、というようなことがあれば、教えていただければ幸いです。
ぷっちょ | URL | 2013/02/08/Fri 12:04 [EDIT]
ぷっちょさん
ご質問ありがとうございます。なるほど、そんな違い考えたこともありませんでした(笑)とても勉強になります。私見ですが、無生物の時に"of~"、生物の時に"'s"というのはあくまで基本的なルールで、例外はいくらでもあると思います。たとえば、TOEIC的な表現を考えただけでも、"today's weather report""the industry's future""the trust of employees"といった表現は普通ですよね。また、前置詞のofには所有以外にも多岐にわたる用法がありますから、考えるときりがない気がします。"a group of people"や"on behalf of Tex Kato"はどうなんだとか。こうしたルールは頭に入れつつ、参考程度に考え、自由に使われるのが良いのではないかと思います。あまりお力になれずすみません。
TEX加藤 | URL | 2013/02/08/Fri 13:57 [EDIT]
ありがとうございます!
早速ご返事いただけて感激です。
あくまで基本ルールとして頭の片隅においておけばいいのですねw 書き込みをしたあと、earn the respect of .. というのが定型表現でそれが優先しているのかな、とも思いました。あと、他にも’sを使ったTOEIC的表現、ありがとうございます!
ぷっちょ | URL | 2013/02/08/Fri 20:51 [EDIT]
ぷっちょさん
少なくともTOEICでその違いが問われることはありませんからご安心ください(笑)
TEX加藤 | URL | 2013/02/08/Fri 21:38 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.