FC2ブログ
TOEIC文法問題の解き方11(接続詞・前置詞・副詞2)
今日は、前回取り上げたタイプの問題の応用編です。

For security reasons, everyone must present photo identification ------- entering the Suffolk Building.
(A) because
(B) then
(C) when
(D) during

空所前が節(SV)、後がカタマリなので、前置詞の(D)を空所に入れたい所ですが、duringはing形を伴いません(「建物に入ることの間」となり意味も通じません)。そこで、ing形を続けられる接続詞の(C) whenを選べば、when entering X(Xに入る際は)という正しい英文になります。接続詞のwhenは、2つの節の主語が同じ場合、直後に分詞を伴うことができます。ここでは、when (he/she is) entering Xと、「S+be動詞」が省略された形と考えるとわかりやすいでしょう(分詞構文の文脈をわかりやすくするため、現在分詞enteringの前にwhenを付けた形と考えることもできます)。もし、主語と分詞の間に受動の関係があれば、whenの直後は現在分詞でなく過去分詞になります。When tested, the product was~.といった形です。when以外に、whileもこの分詞を伴う形で頻出します。なお、(A) becauseは分詞を伴わず、必ず節(SV)を伴います。

The marketing manager decided to interview customers in person ------- send them surveys by mail.
(A) even though
(B) rather than
(C) because of
(D) so that

空所が、原形動詞interviewとsendをつないでいます。選択肢中、動詞と動詞のような同品詞をつなげられる接続詞は(B) rather thanです。X rather than Yの形で、「YではなくX」の意味を表します。rather thanは接続詞として、同品詞をつなぐことはできますが、節と節をつなぐことはできません。また、前置詞として、Rather than doing X, Mr. Kato~(Xするのではなく、加藤さんは~)といった動名詞を伴う形でも用いられます。(A)(D)は節(SV)を伴う接続詞、(C)は前置詞です。いずれも直後に原形動詞は伴いません。

The researchers stated that further analysis would be conducted ------- validate their findings.
(A) prior to
(B) in order to
(C) due to
(D) in addition to

たまに出題されるタイプの問題です。空所後にvalidate(立証する)という原形動詞があるので、不定詞の(B) in order to(~するために)が正解です。他の選択肢はいずれも前置詞で、原形動詞ではなく動名詞を伴います。動詞の語法問題や品詞問題でも狙われるので、prior toやlook forward toのtoは前置詞だと覚えておきましょう。

Jonny Li is a good fit for the fertilizer sales position ------- his background in the agricultural industry.
(A) provided
(B) since
(C) so
(D) given

空所前が節(SV)、後がhis backgroundという名詞ですから、空所に入るのは前置詞です。選択肢中、前置詞として機能するのは(B)(D)です。このうち文意が通るのは、(D) givenです。givenは動詞giveの過去分詞に加え、この「~を考慮に入れると(≒considering)」という意味の前置詞でも頻出します。given that SV(SがVすることを考慮すると)の形の接続詞の用法も重要です。givenは、「当たり前のこと、周知の事実」といった意味の名詞として、語彙問題での出題例もあります。なお、(A) providedは、provided (that) SVの形で、「SがVする条件で(≒only if)」の意味を表す接続詞として頻出します。合わせて覚えましょう。

いかがだったでしょうか。選択肢に前置詞・接続詞・副詞が並ぶタイプの問題は、ほぼ毎回出題されます。それぞれの基本的な用法をしっかり押さえ、問題演習等で解き方のコツをつかみましょう。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.