FC2ブログ
TOEIC文法問題の解き方10(接続詞・前置詞・副詞)
今日は、選択肢に、接続詞・前置詞・副詞が混在しているタイプの問題を取り上げます。毎回出題されるTOEIC定番の問題です。

------- the copy machine was not working, Mr. Watson could not make the copies his supervisor had requested.
(A) Because
(B) Despite
(C) Due to
(D) Apart from

空所後からカンマまでが節(SV)、カンマ後も節(SV)です。2つの節(SV)をつなげるのは接続詞です。選択肢中、接続詞は(A) Becauseのみです。(B)(C)(D)はいずれも前置詞で、節(SV)ではなく、名詞(のカタマリ)を伴います。意味を考えると、理由を表す(C)も正解に思えてしまうので、文法的に考えるのがポイントです。

------- production delays, Nancy Glass was forced to cancel her summer concerts.
(A) Due to
(B) Because
(C) As soon as
(D) In case

空所からカンマまでがproduction delays(生産の遅れ)という名詞のカタマリ、カンマ後が節(SV)です。このように、名詞(のカタマリ)と結びつき、文に補足情報を加える副詞のカタマリを作るのは前置詞です。選択肢中、前置詞は(A) Due toのみです。他の選択肢はいずれも節(SV)を伴う接続詞です。(B)はBecause ofと前置詞ofが付けば正解です。

------- 200 people turned out for a public meeting about the proposed improvements to Whitshaw Bridge.
(A) Nearly
(B) Because
(C) Despite
(D) When

空所がなくても文ができていますから、空所に入るのは修飾語です。したがって、空所後の200という数詞(形容詞の仲間)を修飾する副詞の(A) Nearlyが正解です。(B)(D)は接続詞、(C)は前置詞です。

The developers found some problems with the product, ------- none were serious enough to delay its launch.
(A) since
(B) therefore
(C) besides
(D) though

空所の前後がどちらも節(SV)なので、空所に入るのは接続詞です。選択肢中、接続詞として機能するのは(A)(D)です。文法的に正解になる品詞が複数ある場合は、意味を考える必要があります。ここでは、「製品に問題があった」「発売を遅らせるほど深刻なものはなかった」という2つの節の文脈がうまくつながるのは(D) though(~だけれども)です。sinceは接続詞の場合、「~するので」「~して以来」の2つの意味がありますが、意味的に×です。(B)「したがって」は副詞、(C)「加えて」は前置詞・副詞です。

To avoid late charges, your payment must be made ------- the due date on the reverse side of the bill.
(A) instead of
(B) therefore
(C) when
(D) no later than

空所前が節(SV)、後がthe due date(期日)という名詞(のカタマリ)なので、空所に入るのは前置詞です。(A)(D)が前置詞として機能するので、意味を考え、文意が通る(D) no later than(遅くとも~までには)を選びます。(A)「~の代わりに」は意味的に×です。(B)は副詞、(C)は接続詞です。

いかがだったでしょうか。今日は基本的な問題をご紹介しました。上級者の方は、「文法」「文脈」の2つの視点で問題文を最後まで読み通してから、選択肢を見て答えを選ぶのがお勧めです。初中級者の方は、まずはTOEICによく出る接続詞・前置詞・副詞を覚えることから始めましょう。それぞれの品詞が分からないと問題が解けません。

次回は、このタイプの応用問題を取り上げる予定です。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.