FC2ブログ
TOEIC文法問題の解き方8(分詞形容詞)
今回は分詞を取り上げます。分詞にもさまざまな用法がありますが、特に頻出するのが形容詞的用法です。

One lucky winner will receive a ------- copy of Diana Gorman’s latest book, Life Lessons in Marketing.
(A) sign
(B) signing
(C) signs
(D) signed

冠詞と名詞の間の空所に入るのは、名詞を修飾する形容詞です。分詞は形容詞の役割ができるので、(B)(D)が残ります。次に、名詞と分詞との間の関係を考えます。能動の関係があれば現在分詞、受動の関係があれば過去分詞を選ぶのが基本です。たとえば、人を興奮させる映画はexciting movie、揚げられたチキンはfried chickenです。ここでは、本と動詞sign(署名する)との間には、受動の関係があるので、過去分詞の(D) signedが正解です。本は署名する側ではないので、現在分詞の(B)は意味的に×です。

なお、このタイプの問題は、動詞の意味が分からないと、解くことはできません。

We are looking to hire a motivated individual who can build ------- relationships with our customers.
(A) endure
(B) endured
(C) enduring
(D) endures

動詞endureには「長く続く」という意味があり、それが形容詞化した(C) enduring(永続的な)が正解です。この単語を知っていれば解けますが、知らなければ勘で答えるしかありません(それでもedかingかの2択までは絞れます)。普段から英語感覚を養いつつ、知らない単語なら時間を浪費しないようにしましょう。

The Pebble Sea Resort has two restaurants, a fitness center, and 96 rooms ------- the beach.
(A) face
(B) faced
(C) facing
(D) faces

分詞が形容詞のカタマリになり、名詞を後置修飾するパターンです。ここでは、部屋はビーチに面するという能動の関係があるので、(C) facingが正解です。空所後のthe beachという名詞も解答のヒントになります。現在分詞facingは、この名詞を目的語に取りつつ、facing the beach(ビーチに面している)という形容詞のカタマリを作ることができます。受動の意味を表す過去分詞は、目的語を伴った形容詞のカタマリを作れません。

The presentation ------- by the marketing director lasted longer than anyone had expected.
(A) was given
(B) given
(C) will give
(D) giving

The presentationがSで、Vはlastedです。空所で目を止め、ここにVが入ると早合点してはいけません。動詞問題では必ず文のSVを確認しましょう。空所からdirectorまでは、主語を説明する形容詞のカタマリです。空所に過去分詞の(B) givenを入れると、given by the marketing director(マーケティング部長によって行われた)という形容詞のカタマリができます。giveは基本動詞なので意味でも解けますが、空所後に目的語の名詞がなく、行為者を示す前置詞byがあることも過去分詞を選ぶヒントになります。

いかがだったでしょうか。名詞を修飾する分詞を選ぶ際は、必ず名詞と分詞との間の関係を考えるようにしましょう。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
TOEIC文法問題の解き方7(動詞問題2)
今日は、「時制」がポイントの動詞問題を取り上げます。時制の問題も多岐に渡るので、代表的な問題をご紹介します。

Mr. Cordova and Ms. Garza ------- the Water Resources Symposium in Frankfurt last week.
(A) attend
(B) are attending
(C) have attended
(D) attended

Mr. Cordova and Ms. GarzaがS、空所がVです。文末にlast weekあるので、この2人がイベントに出席したのは過去のことです。したがって、過去形の(D) attendedが正解です。なお、現在完了形は、その名の通り、「現在」とのつながりを表す時制なので、現在と切り離された過去の事実を表すことはできません。

Over the past five years, Montego Bay’s population ------- from roughly 10,000 to nearly 20,000.
(A) has grown
(B) will grow
(C) grows
(D) grown

文頭のOver the past five years(この5年間に渡って)は、「過去→現在」のつながりを示す現在完了時制のキーワードです。したがって、(A) has grownが正解です。over the past X(このXに渡って)は、時制問題で現在完了形を選ぶキーワードとして頻出します。

When the construction work finishes at the end of October, the airport terminal ------- from 60,000 to 110,000 square feet.
(A) had expanded
(B) will have expanded
(C) has been expanding
(D) expanding

まず、when節のVがfinishesという現在形です。時を表す副詞節では、未来のことも現在形で表すので、工事が終わる10月末は未来の時点です。こうした未来の時点までの完了や継続を表す時制がwill have Vedの未来完了形です。したがって、(B) will have expandedが正解です。「過去完了(→過去)」「現在完了(→現在)」「未来完了(→未来)」という時の流れのイメージを頭に浮かべると解きやすくなります。なお、もし、when節のVがfinishedと過去形なら、工事が10月末に終わったことになるので、過去完了形の(A)が正解になります。

最後はコンビネーション問題です。

Agriculture was the largest sector of the nation’s economy until it ------- by tourism a decade ago.
(A) surpassing
(B) surpassed
(C) will be surpassed
(D) was surpassed

接続詞untilの後のitがSで、空所がVです。文末にa decade ago(10年前)とあるので、空所に入る可能性があるのは過去形の(B)(D)です。空所後に目的語の名詞がなく、行為者を表す前置詞byがあるので、受動態の(D) was surpassedを選べば正解です。surpass(~を上回る)は他動詞なので、能動態なら空所後に目的語が必要です。

TOEICの動詞問題では、「主述の一致、態、時制」の3点を頭に置いて解くのが基本です。SVの位置が離れていたり、時制のヒントになるキーワードが文末にあったりする場合もあるので、最後まで英文に目を通してから解くのがお勧めです。

いかがだったでしょうか。次回は分詞を取り上げる予定です。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.