FC2ブログ
TOEIC文法問題の解き方3(品詞問題3)
品詞問題を解く際の基本は、「SVOCが抜けていたら足す、抜けていなかったら修飾語。空所が名詞を修飾していたら形容詞、それ以外を修飾していたら副詞」です。今日は、空所が名詞を修飾するパターンを取り上げます。

まずは基本パターンから。

Mr. Sato has ------- experience as a tour guide, having led tours in eight countries over a period of 19 years.
(A) extend
(B) extensive
(C) extension
(D) extensively

Mr. Sato has experienceというSVOの文ができているので、空所に入るのは修飾語です。直後の名詞experienceを修飾するのは形容詞なので、(B) extensiveが正解です。

次は応用パターンです。

What makes the Barista Blue 8M stand out from other espresso makers is its ------- design.
(A) appeal
(B) appealed
(C) appealing
(D) appeals

所有格のitsと名詞designの間に入るのは名詞を修飾する形容詞ですが、選択肢に形容詞っぽい語尾の単語がありません。こうした場合、次に正解候補として検討すべきなのは、形容詞の機能を持つ分詞です。ここでは、(B)(C)が分詞です(A/Dは名詞か動詞)。

現在分詞か過去分詞かを選ぶ際は、名詞と分詞の間の関係を考えます。「する」という能動の関係があれば現在分詞、「される」という受動の関係があれば過去分詞を選ぶのが基本です。デザインは人にアピールする側ですから(デザイン→人の方向にアピール光線が出ているイメージです)、現在分詞(形容詞)の(C) appealing(魅力的な)が正解です。デザインはアピールされる側ではありませんから、過去分詞の(B)は意味が通りません。

最後にもう一つ応用パターンです。

Thank you for your interest in an ------- opportunity with Ansel Chemical.
(A) employed
(B) employ
(C) employment
(D) employer

空所に入るのは名詞opportunityを修飾する形容詞ですが、選択肢に形容詞がありません。また、opportunityとemployの間に受動の関係がないので、過去分詞の(A)も意味が通りません。そこで、「名詞+名詞」と考え、(C) employment(雇用)を空所に入れると、employment opportunity(雇用機会)となって意味が通ります。(D)「雇用者」も名詞ですが、空所に入れると意味が通りません。construction plan(建設計画)やresearch facility(研究施設)、recommendation letter(推薦状)といった複合名詞も品詞問題での出題例があります。

名詞の修飾語を選ぶ際は、「形容詞→分詞→名詞」の順で正解率が高くなります。頭に入れておきましょう。

空所が名詞を修飾するパターンとしては、これ以外に、形容詞や分詞が名詞を後ろから修飾するパターンなどもあります。長くなりますので、今日はこのあたりで。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.