FC2ブログ
TEX加藤からの挑戦状(14通目)
In his research study, Professor Smith explored the reasons ------- the purchasing decisions made by consumers.
(A) because
(B) why
(C) while
(D) behind


















































【正解】(D) behind
【解説】reasonと来ればwhyと、(B)に飛びついてはいけません。reason whyの後には、the reasons why the decision was madeのように、節(SV)が続きます。ところが、この問題文では、the purchasing decisions (made by consumers).と、節ではなく名詞のカタマリが続いています(madeはVではなく過去分詞です)。したがって、節と名詞のカタマリをつなぐ前置詞の(D) behindが正解です。reason behind Xで、「Xの背後にある要因、Xの背後にある理由」といった意味です。(A)(C)はどちらも節を伴う接続詞です。選択肢に接続詞と前置詞が並んでいたら、空所後が節なのか句なのかを必ず確認しましょう。
【訳】研究調査の中で、Smith教授は、消費者の購買決定の背後にある要因を探った。


この「TEX加藤からの挑戦状」は、花田塾チャリティセミナーの講師陣とのコラボ企画です。Twitterで講師のみなさんが、自宅学習のモチベーションUPになる発信をしていらっしゃいます。5月31日までの限定配信ですので、是非こちらもご覧ください。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.