FC2ブログ
1月公開テスト正解数換算表
皆さん、多数のご報告、ありがとうございます。4つのフォームの換算表ができました。自分がどのフォームだったかは、スコア表のリスニングの平均値(▲の数字)を以下のフォーム番号と照合してください。

リスニングの平均値(▲の数字)
フォーム1 65/74/82/69/53
フォーム2 63/70/76/69/51
フォーム3 63/70/82/71/54
フォーム4 64/65/77/64/52

リスニングは、L1・2・3・4の合計の誤答数を100から引くと正解数になります。最初にご報告いただいた「寝坊助さん」さんのAMを例にとると以下の計算となります。

【お名前】寝坊助
【フォーム1】
【LAM】 81 82 100 83 60
表から計算したL1-L4の誤答数:3+3+0+9=15
リスニングの正解数:100-15= 85(L400)

フォーム1のリスニングでは、85問正解で400点だったことになります。通常、80~83問程度の正解数で400点になるケースが多いので、高得点を出すには高い正解数が求められるややLの難易度が低めのフォームだったようです(このフォームでは97問正解までが495で、96問正解だと485だったようです)。なお、リーディングの正解数は、重複問題を特定することができないため、表から単純計算することはできません。

以下が換算表です。クリックで拡大します。
図1
図2
図3
図4

PS:私の新刊『金のセンテンス』と発売日が近い旺文社の奪取シリーズは、紀伊國屋書店新宿店大阪梅田本店で今日から先行発売をスタートしたそうです。どちらの店でも著者によるサイン会とトークショーがあるとのこと。席に限りがあるようですので、ご興味のある方はお早めにお申込みください。

私の新刊は、見本ができるのが発売一週間前で、発売に合わせて行う予定だったTシャツプレゼントキャンペーンも、どうなったのかは不明です。このゆるさが特急シリーズらしさですね。なお、出版記念セミナーやサイン会、トークショーは行いません。すみません。出不精なもので。本に必要なことはすべて書いてありますので、そちらを手にとってご覧いただければありがたいです。イベントの代わりというわけではありませんが、『金のセンテンス製作裏話』をブログ記事にまとめたいと思います。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
1月公開テストAM報告用記事
公式HPで発送通知が出ましたので、順次1月公開テストのスコアシートが届き始めるかと思います。いつものように、正解数の換算表を作りたく、スコアシートが届き次第、以下の記入例を参考に、コメント欄に数字をご報告いただけると助かります。特に、700・600・500点台の方のご報告があると、計算の助けになりますので、スコアに関わらず、どしどしご報告ください。

<コメント例>
【お名前】国際太郎
【L平均】67/67/71/65/54
【スコア】L415 R380 T795
【LAM】67 78 94 88 40 
【RAM】67 76 75 78 76

【L平均】には、リスニングの▲の数字をご記入ください。
【LAM】【RAM】には、ご自身の数字をご記入ください。

なお、ご報告の際は、あらかじめ以下の事項をご確認ください。

(1)スコアと数字は念のため、送信前に再度ご確認ください。
(2)この分析は私個人が行っているもので、公式のものではありません。
(3)コメント欄にはご返事はしませんが、正解数換算表を後日UPさせていただきます。

ご協力よろしくお願いします。

PS:2/20発売予定の『金のセンテンス』の詳細情報がアマゾンにUPされました。昨夜、音声データが届いたので、さっそく聞いてみました。360本の英文の読み上げ時間は約43分です。1.2倍速で聞けば、30分強で一周できる計算です。英文の内容と解説に目を通し、通勤の車内で音声を繰り返し聞けば、効率的にTOEIC対策ができるのではと思います。試験直前の耳慣らしや単語の最終チェックにも良いかもしれません。来週中には見本が私の手元に届く予定です。特急シリーズの中では、HUMMERさんの全力特急と並ぶ最厚の352ページです。TOEICの世界を360本の英文に凝縮したので、是非店頭で手に取ってご覧いただければと思います。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.