FC2ブログ
1月TOEIC結果報告用記事
2019年の開幕戦、1月13日に行われたTOEIC公開テストの結果が、2/4(月)正午に公式HPで発表されます。是非、この記事のコメント欄に、以下のテンプレートを使って結果を報告し、次のテストに向けての弾みにしてください。

【お名前】
【スコア】 L R T
【過去最高点】
【感想】

記入例
【お名前】 国際花子
【スコア】 L320 R200 T520
【過去最高点】 450
【感想】500点越えました! 嬉しいです。 次は600点目指して頑張ります!

上記のようなコメントを書いた後、結果が期待通りだった方は喜びの気持ちを込めて、期待に達しなかった方はお祓いの意味と次のテストへの飛躍を誓って、「えいっ」と気合を入れながら、お賽銭代わりにページ下部のTOEIC神社のバナーをクリックしていただけるとご利益があるかもしれません。

PS:1年がかりで取り組んできた新刊『金のセンテンス』が完成しました。予定通り2月20日発売予定です。全352ページと、金フレ(288ページ)より厚めで、価格は同じです(アマゾンでは1080円ですが、961円に変更されます)。金フレの見出し語1000を含め、見出し語数は合計で1500~1600語程度です(解説欄の派生語・関連語等を含めると何語か私にもわかりません)。そのTOEIC頻出単語を360本の英文にまとめました。どのページにもかなり情報を詰め込んだので、金フレよりもヘビーな内容になったと思います。音声は、1. 英語 2. 日本語→英語 3. 日本語→英語→単語→英語の3パターンです。すでに金フレをマスターした上級者の方は、例文の内容を理解し、解説に一通り目を通し、英語のみの音声を繰り返し聞くのが良いのではと思います。中級の方は、例文の内容を理解した上で、日→英の音声を繰り返し聞き、慣れてきたら英語のみに移行するのがお勧めです。初級の方は、見出し語の意味や例文の内容を理解した上で、3の音声を繰り返し聞き、徐々に2→1にシフトするのがよいと思います。ただ、最初から初級者には難しめの単語が出てきますので、金フレを使えるレベルの方でないと続けるのが大変かもしれません。それ以下のレベルの方はまずは負荷の軽い銀のフレーズを使っていただければと思います。このブログの読者には、教科書採用を検討していらっしゃる学校関係者の方もいらっしゃるかと思いますので、内容やレベル感がつかめるよう、いくつかのページをご紹介します。この360の例文をしっかりマスターすれば、TOEICに対する戦闘力が確実に1ランク上がると思います。

図1
図2
図3

↓TOEIC神社です。祈願成就の鐘を鳴らしてください。

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.