FC2ブログ
10月TOEIC正解数換算表
皆さん、多数のご報告、ありがとうございます。4つのフォームの換算表ができました。自分がどのフォームだったかは、スコア表のリスニングの平均値(▲の数字)を以下のフォーム番号と照合してください。

リスニングの平均値(▲の数字)
フォーム1 65/70/80/69/56
フォーム2 65/72/82/72/55
フォーム3 68/69/75/72/58
フォーム4 72/62/75/71/60

リスニングは、L1・2・3・4の合計の誤答数を100から引くと正解数になります。最初にご報告いただいた「ジョアンマクレーン」さんのAMを例にとると以下の計算となります。

【お名前】ジョアンマクレーン 
【フォーム1】
【LAM】 94 85 100 100 80
表から計算したL1-L4の誤答数:1+3+0+0=4
リスニングの正解数:100-4= 96(L480)

なお、リーディングの正解数は、重複問題を特定することができないため、表から単純計算することはできません。

以下が換算表です。クリックで拡大します。
図1
図2
図3
図4

PS:フォーム1やフォーム2のリスニングは、2ミスまでが495だったようです(私はフォーム1のリスニングで1ミスでした)。2016年5月の形式変更以前は、リスニングで3ミスならほぼ確実に495が取れたのですが、形式変更後は、確実に495になるラインが2ミスまでのパターンが珍しくありません。Part2の難化を考えると意外な気もしますね。とはいえ、「2ミスまで」を意識しすぎるとプレッシャーになるので、試験中は目の前の問題に集中することが大事だと思います。

来年2月発売予定の新刊は、2名のTOEICに精通したネイティブのチェックを終え、これからはレイアウトの詰めや、用語の統一、誤植のチェック、といった校正作業に入ります。TOEICワールドを凝縮した一冊にしたいですね。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.