新刊情報
特急シリーズで2冊、新刊が発売になりました。「900点特急」「Part3/4特急」の改訂版です。「でる1000」のKindle版も発売になりました。「金フレ」のKindle版の発売は未定です。スマホユーザーの方には、アプリが好評ですので、こちらをご活用いただければと思います。

この数か月、主に週末や夏休みを利用して執筆作業を続け、先日原稿を出版社に送りました。来月から年末にかけて校正作業に入り、来年初旬には店頭に並ぶ予定です。TOEIC300-500点台の方が対象の金フレのベーシック版ですので、このブログのほとんどの読者には不要ですね(すみません)。半分程度の単語が金フレと同じですが、すべて新フレーズなので、金フレの復習にはよいかもしれません。詳細が決まったら、またご報告します。

金フレの執筆に際し、私は、「見出し語より難しい単語を同じ例文やフレーズに入れない」「すべてのフレーズを7語以下にする」といったルールをいくつか決めました。たとえば、金フレの1番の見出し語はanywayで、例文はLet’s try anyway.(3語)、アルクの語彙レベル(SVL)では、anywayはレベル2、letとtryはレベル1です。読者への応援の気持ちもフレーズに込めました。

このフレーズが、もし、By preaching the merits of downsizing, they have provided bosses with arguments for measures that tough economic times have required anyway.(出典:Longman Dictionary of Contemporary English Online)という例文だったらどうでしょう。見出し語より難しい単語がいくつも入っていて、構文も複雑で、例文が長いですよね。単語本でこれが延々と続いたら、私ならきっと途中で投げ出してしまいます。

できるだけ読者が挫折しないよう、単語本の執筆に当たっては、エクセルでデータを管理し、「この単語は528の見出し語だから、451のフレーズに入れたらまずいな」「このフレーズだと8語だからだめだ」「この単語は332の見出し語だから、339のフレーズに入れたら復習になるな」などとつぶやきつつ、地道な作業を行っています。こういう作業は自分にしかできないので、見出し語の順番やフレーズを自分ですべて考えてまとめてから、ネイティブに校正をお願いしています。

こうした作業は表面には現れませんが、「わかりやすさ」や「覚えやすさ」、「進めやすさ」といった目に見えない形で読者に伝わり、結果として金フレのヒットにつながったのではないかと思います。これからも執筆の際は、小説家の村上春樹さんの言葉を借りれば、「読者への親切心」を大切にしたいですね。それがないと良い本が書けない気がするので。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.