金フレ改訂版と近刊情報
金フレ改定版発売から一ヶ月、さまざまなご指摘・ご要望をいただき、ありがとうございます。丁寧に作り込んだのですが、いくつか誤植が見つかっています。すみません。修正箇所に関しては、こちらの記事をご覧ください。

執筆中は、自分の100%の力を出し切り、この5年間のTOEIC受験や指導で得たすべてを注ぎ込むことしか考えていませんでした。その目標は達成できたので、私自身、満足しています。もう何も残っていません。

出版社によると、発売後1カ月で3刷が決まったそうです。発売前は正直、全面改定で売り上げが下がる可能性もあると思っていました。読者の反応は、本を出してみるまでは分かりませんからね。自分の書きたいように書いて、それでだめなら仕方ない、と思っていました。結果的に、たくさんの読者に支持していただけて、本当にありがたいです。

2008年6月以降、公開テストを受験後、カフェ(西国分寺のドトールが多かった)でテストの振り返りをして、家に帰ってエクセルに打ち込む作業をずっと続けています。誰に頼まれたのでもなく、本にするあてもなく、ただの個人的な作業として始めました。当時は、自分が脱サラしてTOEIC講師になるなどという考えは、地平線上にも浮かんでいませんでした。人生分からないものですね。

近刊情報として、「でる1000」の改訂版は、諸般の事情により、5-6月頃に発売延期となりました。改訂版とはいっても、金フレとは異なり、マイナーチェンジです。巻末のミニ模試40問×9セットを30問×12セットに分け直して、新たに1セット30問を追加する予定です。当面は現行版をご愛用いただければと思います。「読解特急1」を新形式に合わせて改定したものも、5月頃に出る予定です。こちらは神崎さんと一緒に作業を進めています。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.