第209回TOEIC感想

本日のTOEIC公開テストを受験された皆さん、お疲れ様でした。私は4MIC11のマイナーフォーム(解答用紙A面がグリーン)を受験しました。試験終了後、会場へ向かう途中で教え子と遭遇。偶然同じ教室だったようです。「いやあ、今日の試験は易しかったね」と言ってショックを与えてしまったのですが、他の講師の方々をはじめとするネット上の講評では、マイナーフォームは難しかった、との感想が多いようです(著者として致命的な読者とのかい離)。ということで、今回の私の感想は参考程度にご覧ください。

パート1 やや易 これは経験則ですが、このパートを難しく感じる要因の一つは「あせり」です。一つの選択肢を聞きのがすと、あせりで冷静さを失い、連鎖的に聞き取れなくなるんです。「写ってない名詞やしてない動詞が聞こえたら×」の鉄則に従って、落ち着いて消去法で解けばたいていの場合何とかなります(それでも何とかならないのは難問か実力不足です)。

パート2 普通 1問目の冒頭がWhenかWhereかを聞きのがしたのですが、消去法で解けました(この区別を1問目に持ってくるのは止めてほしい)。受験者を悩ませた聞きづらい新英国人女性ナレーターは登場しませんでした(不評だったのでしょうか)。とにかくこのパートでは、「英会話を意識して、自然な答えを選ぶ」ことを心がけると正解率が上がると思います。

パート3 やや難 選択肢が長めで、シチュエーションがつかみづらい内容の会話がいくつかありました。このパートでは、設問の先読みに気を取られて、「木を見て森を見ず」にならないことが重要です。誰がどこでどんなことを話しているのか、をつかむよう意識すれば、大崩れしないようになります。

パート4 やや易 特に前半は易しかったと思います。選択肢も短めで、トークの内容も比較的平易でした。

パート5 普通。超難問はありませんでしたが、やや構文が複雑な問題が散見されました。
パート6 やや易 文脈系の難問はありませんでした。
パート7 やや易 選択肢が作りこまれていて、正解が絞り込みづらい問題はいくつかありましたが、全体の文書量が少なく、戻って確認しても時間をそれほど取られませんでした。

リーディングパートは、Part5/6に15分、Part7に45分の計60分で解き終わり、15分余りました。いつもは10分程度しか余らないので、普段より早く終わったことになります。試験が終わった瞬間は、ここ最近で最も易しかったように感じました。まあ易しく感じた時に限って凡ミスで990を逃すことは過去にもあったので、試験後の感想はあまりあてになりませんが。今回のマイナーフォームのRの495ラインは全問正解のみと予想します。

ふと思ったのですが、TOEICをこうして受け続けなければ、血の通った温かみのある参考書は作れない気がします。もちろん、ただ毎回受験すれば書けるというものでもありませんが。TOEICを毎回受けることでしか得られないモノが確かにあります。『金フレ』がここまでヒットした理由の一つは、機械ではなく職人が作った木製家具のような、「目に見えない温かみ」が読者に伝わったからかもしれません。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.