FC2ブログ
7月TOEIC正解数換算表
皆さん、多数情報をお寄せいただき、ありがとうございます。7月公開テストの換算表ができました。リスニングでは、昨年7月以降、スコアには反映されるものの、スコアシートの数字上には反映されない謎の問題が出現しています。このため、リスニングでは、この換算表で計算した誤答数より、実際の誤答数の方が多い可能性があります。逆に、リーディングでは重複問題があるので、換算表の誤答数より実際の誤答数の方が少ない可能性があります。なお、今回、Rの495ラインは、両フォームとも2ミスだったと思われます(計算上3ミスに見えますが、重複問題をミスされたのだと推測します。3ミスで495が出るとは考えづらいので)。今回はリーディングの難易度が高かったようですね。
図1 図2

初めて表をご覧になる場合の表の見方につきましては、こちらの記事をご参照ください。AMの項目の内容につきましては、こちらの記事をご覧ください。

PS:合宿で学生相手にPart7の指導をしていて改めて気付いたのですが、文書の内容に正解率が左右される傾向にあります。たとえば、旅行やセールといった身近な内容の文書は正解率が高く、吸収合併やB to B、社内文書といったなじみのない内容の文書だと正解率が下がります。これは社会人でも同じでしょう。今回も、農場で作った乳製品や野菜を地元の会員とシェアする、といった内容の文書がありましたが、こうしたややイレギュラーな文書への対応が高得点へのカギとなりそうです。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.