FC2ブログ
歩いたけど完走
今年のTOEIC公開テストが終わりました。いつも感じるのですが、公開テストが終わり、駅へと向かう人並みにまぎれていると、コンサートの後のような、何ともいえない寂しさがあります。普段の生活では交わることのない人たちが、TOEICという一つの目的のために、ある日曜日の午後、ある場所に集まって一緒に試験を受け、試験後はまたお互いの場所に帰っていく。これってちょっと不思議な体験です。

受験の翌日、営業回りで立ち寄った得意先で話をしていたら、相手の担当者がたまたま同じ会場で受験していたことが判明し、とんとん拍子に大口の契約が決まった、なんてことがこの広い日本のどこかであったりするかもしれません。あるいは、テスト会場でたまたま言葉を交わした男女が、試験の翌日にばったり出くわして、それがきっかけで恋に落ちる、なんてバブル時代のドラマのような展開は、まあないかな。

TOEIC講師に転身する前に受験した3回も含めると、この12月の公開テストが70回目の受験でした。「TOEICを受験しなさい」と会社に強制されたわけではなく、「TOEICを受験してください」と誰かにお願いされたわけでもありません。TOEICを受験するのが好きで受け続けているうちに、いつの間にか回を重ねてきました。毎回受験後は、「ふぅ。これで当分しんどい目をしなくてすむな」とほっとするのですが、気付くとまた一か月後に試験を受けている自分がいます。このあたりの心理状況は、毎回受験している方にしかわからないでしょうね。マラソンをしない人にマラソンランナーの気持ちがわからないように。

僕がTOEICを本格的に受験し始めたのは2008年の6月です。最初からTOEICが好きだったわけではもちろんありません。新商品展示会に来場した外国人の接客で自分の英語力の衰えを痛感し、英語の勉強を再開しよう、と思ったとき、勉強のペースメーカーとして選んだのがたまたまTOEICだったんです。試験が年8回(当時)あって、2時間で終わりますからね。サラリーマンにとっては最も手軽に受験できる試験です。まさかそれから6年間ほぼ毎回受験し、TOEIC講師や著者に転身するとは想像もしていませんでしたが。

今年一年を振り返ると、1月で連続990がとだえ、学校行事で受験できない回もありましたが、最後まで受験を続けられました。マラソンに例えれば、途中で少し歩いたけど、なんとか完走した感じでしょうか。つい先日、耳の不調で耳鼻咽喉科に行ったところ、左耳の中耳炎で、右耳もその影響か聴力が低下していました。どうりで公開テストのリスニングの音が小さかったわけです。幸い重症ではなく、左耳の水を抜いて、だいぶ楽になりました。あと数回通院すれば全快するでしょう。年を取ると肉体的な衰えは避けられないので、来年もぼちぼちがんばろうと思います。もちろん、僕はプロ講師なので、受験できる回は毎回オールアウトで全力で試験に臨みます。Part5の新刊も何とか3月には出せるようがんばらねば。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.