FC2ブログ
7月TOEIC感想
本日のTOEICを受験された皆さん、お疲れ様でした。私は4JIC20のマイナーフォームでした。以下大まかな感想です。マイナーフォームの問題は標準レベルだったように思います。

パート1 やや易(難度の高い問題が比較的少なく、易しかったと思います)
パート2 普通(前回に続いて聞き取りづらい女性が登場しましたが、通常レベルだったと思います)
パート3 普通(特に難しいセットはなかった印象です)
パート4 やや易(特にひねった問題もなく、全体的に易しめだったと思います)
パート5 普通(前半は易しめでしたが、後半はややハイレベルな語彙問題も出ました)
パート6 やや易(全体的に文書が短めでした)
パート7 普通(序盤は易しめでしたが、DPの後半は後述の理由により大苦戦しました)


今日の会場は東京農工大だったのですが、部屋に入った途端、「む~ん」とすごい熱気が。黒板には「これ以上温度は下げられません。熱中症にならないよう、部屋の外で水分補給をしてください」と大きく書かれています。節電のため空調を強くできないのでしょうか。あまりの暑さにクレームも出ましたが、どうしようもないようで、試験はそのまま始まりました。

普段冷房を部屋で使わない私にとっては耐えられない暑さではなかったので、なんとか試験に集中していたのですが、残り20分になったとき、暑すぎると判断したのか、突然、試験官が全部の窓をガラガラと開け始めたんです。私は窓際の席だったので、当然その間は試験に集中できません。しかも、東京農工大は木々に囲まれた緑豊かなキャンパスなので、窓を開けた途端一斉に大きな蝉の声が聞こえてきました。「会場の環境が悪くて満点を逃した」と言い訳はしたくないので最後まで全力投球しましたが、残っていた最後の2つの長文の内容がなかなか頭に入って来ず、解くのに普段の倍の時間がかかってしまいました。正解できたか自信もありません。見直しの時間も3-4分しか取れず、マークミスやNOTの見落とし等、細かい部分までチェックできませんでした。連続満点記録最大のピンチかもしれません。ともあれ、まあこれも試験ですからね。全力は尽くしました。

会場から駅までの帰り道、「暑かった」という声があちらこちらから聞こえてきましたが、7月の試験会場は、ある程度冷房設備の整った会場にしてほしいなと思います。

ではでは。受験された皆さん、お疲れ様でした。今日はゆっくり休んで、明日からまた次の試験に備えて勉強をスタートしましょう。私もこれから「読解特急5」の原稿執筆に励みます。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.