FC2ブログ
「FKM」か「KKM」か
今日はまず、以下の練習問題2問からどうぞ。

1. The new version of the Apple iPhone is set to be sold at ------- lower prices than the existing one.
(A) significant
(B) significantly

2. Tex Community College is a ------- two-year college serving more than 12,000 students annually.
(A) comprehensive
(B) comprehensively



正解は、1が(B)significantly、2が(A)comprehensiveです。上級者の方ならどちらも正解できたでしょうか。空所後のカタチを見ると、1が「------- lower prices」、2が「------- two-year college」で、ともに「-------<形容詞><名詞>」の並びになっています。ところが、正解は1が副詞で2が形容詞です。なぜでしょう?

文法的にはこの位置には形容詞も副詞もどちらも入れることが可能です。つまり、文脈で正解を判断しなければいけません。問1では、副詞のsignificantly(大幅に)は直後の形容詞lowerを「大幅に→下げられた」のように修飾しています。もしここに形容詞のsignificant(大幅な)を入れると、名詞のpricesを修飾することになりますが、「大幅な→価格」では意味不明です。逆に問2では、形容詞のcomprehensive(総合的な)が名詞のcollege(厳密にはtwo-year college)を「総合的な→(二年制の)大学」のように修飾しています。副詞のcomprehensively(総合的に)はcomprehensively address the problem(その問題に総合的に対処する)のように通常動詞を修飾し、直後のtwo-yearとは意味的につながりません(a comprehensively written bookのように動詞由来の分詞を修飾することはあります)。

もう少し簡単な例を挙げると、「a really beautiful girl」は自然に感じられますが、「a real beautiful girl」は変な感じがしますよね。「本当に→きれいな」は自然ですが、「本当の→女の子」は意味的に不自然だからです。同様に、「a large white dog」は自然ですが、「a largely white dog」は変ですよね。「ほとんど白い犬」だと、身体の一部だけが他の色の犬、という意味になってしまいます。

と文法的な説明をつらつらと書いてきましたが、本試験でこのタイプの問題が出題されたら、あまり考え込まず、自然に意味が流れる方を直感的に選ぶのが良いと思います(え、これまでの説明はなんだったの)。

PS:書店に行くとよく目にする「重版出来!」の文字。今までずっと「じゅうはん」が「でき」たの意味で「じゅうはんでき」と読むのだと思っていましたが、なんと「じゅうはんしゅったい」と読むそうです。クイズ番組で出題したら一般正答率は限りなくゼロに近いのではないでしょうか。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.