先日、大学の庭球部の同期Hと、2期上のM先輩の三人で食事をした時に聞いた話です。

M先輩の同期には、他にKさんとFさんの二人がいて、KFコンビで大学時代はダブルスを組んでいました。下宿先がたまたま近所で、共通の趣味が大型バイクでのツーリングだったので、二人はプライベートでも親友でした。

大学を卒業後、Kさんは某大手自動車メーカーに就職。Fさんは俳優を目指してNYへと渡りました。全く別の道を歩み始めたわけです。Kさんはその後、国内で数年間勤務した後、持ち前の英語力を生かし、カナダに駐在することになります。FさんはNYで何年も頑張ったものの、やはり俳優への道は険しく、結局夢を諦めます。

我々の卒業当時は携帯電話もメールもインターネットもなかったので、二人は殆ど連絡もとっていなかったようです。同じ関西圏や関東圏に就職していれば会ったりもできたでしょうが、二人は海外に散り散りになってしまったわけですからね。疎遠になるのも当然でしょう。

NYでの俳優の夢を断念したFさんは、どういう経緯かは分かりませんが、その後ドイツに渡り、現地の日本人学校で教師の職を得ます。

ある年の新学期。出席を取っていたFさんは、一人の生徒の名前を見て驚きます。大学時代に親友だったKさんと名字が同じだったからです。Kさんの名字はとても珍しいので、もしかして、いや、まさかそんなはずはないだろう、と思いつつ、Fさんはその生徒に尋ねます。

「君のお父さんの下の名前って、もしかしてXXXじゃないか?」
「はい。そうです」

Kさんは家族と共にドイツに駐在となり、息子が入った日本人学校の先生が偶然にもFさんだったんです。まさに「事実は小説よりも奇なり」ですよね。今では二人でダブルスを組んでドイツで試合に出ているようです。

ちなみに、私とHも、以前沖縄でばったりと出くわしたことがあります。私は社員旅行、彼は奥さんとのプライベートの旅行だったのですが、首里城で、「加藤?」と呼ぶ声がするので、見るとHが、「お前、こんなとこで何しとんねん」と(笑)

人と人との縁って不思議なものですし、それだけに大切にしなければいけないと改めて思わされた出来事でした。そのうちTOEICを通じて驚くような出会いがあるかもしれませんね。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
「プロフェッショナル・仕事の流儀」の中で、人気漫画家の浦沢直樹さんは、クリエイティブな作品を次々と生み出す秘訣について聞かれてこう答えています。

恐怖です。
いつでも自分が気を抜いたら転げ落ちるっていう。
恐怖から逃れるために次から次からこなしてるかもしれないですね。

私が990を継続している要因の一つも、「恐怖」です。それは990を逃したらどうしよう、という恐怖ではありません。一度でも試験で手を抜いたら講師や著者としてだめになってしまうのではないか、という恐怖です(実際にはそんなことはないのでしょうが)。その恐怖から逃れるために試験に没頭しているのかもしれません。

ちなみに、200問全問正解しよう、とは思っていませんし、全問正解に対するこだわりもありません。リスニングでは単純に聞き逃しもありますし、わからない問題があっても、「ま、いいか」と気持ちに余裕を持つようにしています。ロボットではないので、少しくらい間違った方が健全な気もしますしね。全問正解は結果にすぎません。

冒頭で紹介した浦沢さんは、普段漫画を描く際に意識していることについて、こうおっしゃっています。

目の前の一コマにいい絵を入れる。

これは私の試験に対する姿勢と全く同じです。とにかく目の前の一問にベストを尽くす、それを200番まで積み重ねる、それしか考えていません。もし、実力を出し切って990が取れなかったら仕方がありませんし、また次頑張ればいいだけの話です。あまりスコアを意識しすぎると、実力が出し切れなくなってしまう気がします。

ヒロ前田さんが「TOEIC小説」の発売を記念して、新宿の紀伊国屋書店でイベントを開催されるようです。ご興味のある方はこちらの記事をご覧ください。まだ申し込み可能かと思います(締め切っていたらすみません)。私もお邪魔する予定です。

PS:そういえば昔、楳図かずお先生の漫画で「恐怖」ってありました。「赤ん坊少女タマミ」もそうですが、楳図先生の恐怖漫画はとても怖かった記憶があります。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.