3月TOEIC感想
昨日のTOEICを受験された方、お疲れ様でした。私は受験後にエッセンスのスタッフとの飲み会に参加したため、受験直後の感想はUPできませんでしたが、メジャーフォームの4JIC6でした。以下試験当日の模様です。

受験会場への電車内で偶然エッセンスの受講生の方と遭遇。話をしながら会場へ向かいました。私は花粉症なので、くしゃみや鼻をすする音で他の受験者の方に迷惑をかけないよう、鼻炎薬とアレルギー薬を試験前に服用し、試験直前には目薬と鼻スプレーで対策を万全にして試験に臨みました。周囲の方もかなり花粉症の方が多かったですね。

周囲の受験者に気を取られないようにするには、「視線を集中させる」ことが大切です。鼻をすすったり鼻をかんだりする音が周囲から聞こえてきても、そちらには目を向けず、目の前の問題用紙と解答用紙のみをじっと見つめると集中力が上がります。これは「アイ・コントロール」と呼ばれる集中力UP法で、スポーツ選手も取り入れていますから、是非お試しください。

試験が始まってまず感じたのは、パート1が初中級者には厳しめだったということです。1問目から不正解の選択肢が紛らわしく、300~500点台のレベルなら半分程度の正答数になるのではと感じました。上級者にとっての超難問はなかったと思います。

パート2は今回、ひねった応答が多く、かなり難度が高かったように感じました。「Q::駐車場付のアパートがいいですか、それともなしでいいですか? A:車は持ってません(だからなしでいいです)」のように(実際の出題内容とは異なります)、会話としては自然だけど、直接的な答えを想定しているとピンとこない問題が多かったと思います。

パート3・4は普通レベルだったと思います。最近は1つ目のセットがやや難しいことがあるので、焦らないことが大事ですね。今回もQ41-43のセットは簡単ではありませんでした。

リーディングセクションは、パート5・6は通常レベルで超難問はなかったと思います。パート7はSPの後半とDPの中盤2セットの難度が高かったですね。最初は不正解の選択肢も確認しながらのんびり解いていたのですが、結構時間がかかったので。途中でギアチェンジして、なんとか8分前に解答終了しました。

あくまで私見ですが、990を狙うなら、L97 R99の正答数が必要ではと思います。

TOEICって、試験前は期待と緊張と不安が入り混じった軽い興奮状態になって、試験中はしんどくて、試験後は心地よい疲れがあるので、そういう面でスポーツに近いものを感じます。私も決して楽勝で解いているわけではなく、「ひゃーまだあと30問もあるよ」「なんでこんなしんどいことやってるんだろう」「もう投げ出したい」なんて思うことはしょっちゅうです。でも、そこを乗り越えて解き終わると、他では味わえない爽快感があります。ある意味マラソンに近いのかもしれません。

では、受験された方、お疲れ様でした。次の4月の大会に向けてしっかり調整しましょう。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.