前人未到
ヒロ前田さんが「TOEIC小説」を発売するそうです。プロの作家・清涼院流水さんとの合作による「不思議の国のグプタ」で、4月発売予定とのこと。お二人の対談音声がこちらでダウンロードできます。流水さんは作家でありながらTOEICを継続受験されていて、スコアは985点だそうです。音声ファイルの第二部では、流水さんのTOEICに対する熱い思いが聞けて、この本に対する片手間ではない本気度が伝わってきます。

今回の「TOEIC小説」が売れるかどうかは神のみぞ知る、ですが、こういう前例のない試みを形にしたのはすごいと思います。私は前職で、「家庭用プラネタリウム」や「脳トレ」を商品化しましたが、こうした前例のない商品企画は、周囲からの反対が強く、社内を説得して実現するにはプロとしての高いスキルが求められます。企画を思いつくより実現することの方がはるかに大変なんです。「TOEIC小説を書いてみたい」とただ思うのと、実際にそれを形にするのとでは、TOEIC580点(平均点)と990点(最高点)以上の差があると思います。

誰もやったことのない企画を実現することは、私のライフワークでもあります。「金のフレーズ」や「BEYOND990」、「読解特急」といった著作や、ENGLISH JOURNALの「奥様TOEIC」の連載でも、「オリジナリティ」を最も強く意識してきました。このブログで行っている「TOEIC神社」や「AM分析」もその一環ですし、連続990の記録もある意味誰もやったことのないことへの挑戦です。それだけに、「究極の模試」や「TOEIC小説」を形にした前田さんはすごいと思いますし、私も負けずにTOEIC業界を驚かすような企画を考えなければと刺激になります。

それにしても「TOEIC小説」っていい企画ですね。前田さんに先を越されましたが、TOEICお笑い小説、TOEIC恋愛小説、TOEIC青春小説、TOEICホラー小説、あたりはまだ誰も書いてないので、いつか書いてみたいものです(←典型的な「言うだけ番長*」)。*発言だけは勇ましいが、行動・実績が伴わない人。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.