FC2ブログ
「ing」か「ed」かで迷ったら
「過去分詞か現在分詞か」を選ぶ問題は、上級者でもミスしがちです。ということで、今日はこのトピックを取り上げます。

参考書には、直後の名詞と分詞との関係が、「させる」ならing(現在分詞)、「される」ならed(過去分詞)を選ぶ、と書かれていますよね。これにプラスして、答えに迷ったら、「人との関係」「逆」を考えるとわかりやすくなります(もちろん例外はありますが)。

たとえば、an ------- movieでexcitingかexcitedを選ぶ際、「映画は人をワクワクさせる」モノですよね。「人が映画をワクワクさせる」ことはありえません。「映画→人」の方向に「excite(ワクワクさせる)」という動作が向かっています。それでも迷ったら、逆を考えます。映画がワクワクさせられているシーンをイメージしてみてください。「うわーワクワクするなあ」って映画が思うわけはありませんよね(笑)

注意点として、「物はing」「人はed」という覚え方をしてはいけません。それはあくまで感情を表す動詞の場合であって、たとえば、a ------- hotelでrenovatedかrenovatingを選ぶ際は、renovate(改装する)という動作をホテルは行う側か受ける側かを考えます。当然、ホテルは人によって「改装される」もので、「人→ホテル」の方向にrenovateという動作が向かいますから、renovatedが正解です。ここでも迷ったら逆を考えます。「よし、いっちょ改装するか」ってホテルが自分で思うわけありませんよね。

分詞の問題は、「なんとなく」答えを選んではいけません。たとえば、an ------- storyでinterestedかinterestingかを選ぶようなやさしい問題であれば、感覚的にinterestingが正解だとわかりますが、ちょっと動詞が難しくなると困ってしまいます。ここでも、「story→人」の方向にinterest(興味を引く)という動作が向かっています。

では、最後のまとめとして、問題を5つ解いてみましょう。迷ったら、「人との関係を考える」「逆を想像してみる」を意識してください。

1. a ------- discovery
(A) surprising  (B) surprised

2. ------- sales
(A) disappointing  (B) disappointed

3. a ------- policy
(A) revising  (B) revised

4. a ------- drink
(A) refreshing  (B) refreshed

5. an ------- sign
(A) encouraging  (B) encouraged


答え
1. (A) surprising 「discovery(発見)」は人を「驚かせる」モノです。「discovery→人」の方向にsurprise(驚かせる)という動作が向かっています。

2. (A) disappointing 「sales(売り上げ)」は人を「がっかりさせる」モノです。「sales→人」の方向にdisappoint(がっかりさせる)という動作が向かっています。

3. (B) revised 「policy(方針)」は人によって「見直される」モノです。「人→policy」の方向にrevise(見直す)とういう動作が向かっています。

4. (A) refreshing 「drink(飲み物)」は人の気持ちを「スッキリさせる」モノです。「drink→人」の方向にrefresh(リフレッシュする)という動作が向かっています。迷ったら逆に考えてみてください。「飲み物」が「ふぅースッキリした」って思うわけはありませんね。

5. (A) encouraging 「sign(兆し)」は人を「励ます」モノです。「兆し→人」の方向にencourage(励ます)という動作が向かっています。たとえば、「最近Part5のミスが減ってきた」といった「兆し」によって、皆さんは、「次行けそうだ」とencourageされるわけです。逆に考えて、「兆し」が「よし、これは次行けるぞ」って思うわけはありません。

英語感覚に優れた方や帰国子女なら感覚的に正解を選べるでしょうが、まずはこうした基本的な考えをベースにして答えを選ぶようにすると解答の精度が上がると思います。わたしも以前は感覚で適当に選んでよく間違えていました。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.