仕事に教科書はない
『そもそも、マーケティングは想像の世界だから、教科書はないと思わないとダメです』
「大きく、しぶとく、考え抜く」(原田泳幸著・日本経済新聞社)

原田さんは、アップルジャパンの社長からマクドナルドのCEOに就任し、7期連続マイナスだった既存店売上高を、一転8期連続のプラスにして、同社をV字回復させた方です。100円マック、24時間営業、メガマック、クォーターパウンダー、と次々に革新的なマーケティング戦略や商品を投入したことでも知られています。この本からは、原田さんのマーケティングや組織運営のノウハウの一端を知ることができて、とても興味深い内容でした。

「マーケティングに教科書はない」は私も実感していることです。教科書を読んで世の中を驚かせるような企画やマーケティング戦略が出てくれば苦労はないわけですが、そんな例はゼロでしょう。結局は自分で考え抜く以外に方法はありません。講師の仕事でも、教科書で「理論」を学ぶことは有意義だと思いますが、それ以上に、「どうやったら生徒に喜んでもらえるか」を自分で考えて、現場で試行錯誤することの方がはるかに大切だと思っています。

原田さんは、スティーブ・ジョブズとも英語で意見をぶつけ合い、やりあった経験を持っている方ですが、この本の中でも一か所、英語について言及されていますので、以下でご紹介します。

英語は必要です。ただやはり、日本人がグローバル企業で成功を収めるには、世界の文化を学ぶことも大切ですが、その前にまず、日本文化を知ることです。そして、英語で考えて英語でしゃべる、日本語で考えて日本語でしゃべるということです。グローバル企業のリーダーのミッションの1つは通訳で、異文化や思考の違いの中で分かり合うために、誤解を招くことなく双方の意見を伝えるブリッジ役なのです。

個人的には私も、英語よりまず日本語でしっかり考えられる力が大切だと思います。普段の授業でも、特に学生にはTOEICを通じて、英語の基礎力を養うことに加え、論理的に考える力や、困難に立ち向かう力、計画を立てて目標を達成する力を身に付けてほしいと願っています。それはどんな仕事に就いても役に立つ普遍的な価値を持つ力ですから。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.