ネットVSリアル
先日、TOEIC講師同士で会話をしていて、「そう言われてみればそうだなあ」と思ったことがあります。それは、書店で実際に売れているTOEIC本は、ネットではあまり話題になっていない、ということです。

少しデータは古いのですが、2010年4月から2011年3月の期間、全国の紀伊国屋書店でのTOEIC本売上ランキングは以下の通りです(書店HPで発表されているデータより)。

1位 新公式問題集Vol.4
2位 英単語スピードマスター(Jリサーチ出版)
3位 はじめてでも600点が取れる!(成美堂出版)
4位 キクタン Score 600(アルク)
5位 はじめての本番模試(旺文社)
6位 はじめての完全攻略バイブル(PHP研究所)
7位 キクタン Score 800(アルク)
8位 英単語ターゲット3000(旺文社)
9位 直前の技術(アルク)
10位 スーパー模試600問(アルク)

紀伊国屋書店は年間売上1000億円超(推定シェア5%)の業界最大手の一社ですから、このデータは全国の書店の売上と大きくは違わないと思われます。

この中で、1位の公式問題集以外は、ネットではあまり話題になっていませんよね。ランキングが売上ベースということもあり、単価の安い特急シリーズは1冊もランクインしていませんし、イクフンシリーズも入っていません。

今、紀伊国屋に行くと、「はじめての 新TOEIC® テスト 全パート総合対策」(アスク出版)が上位にランクインしていて、発売後半年で3万部突破だそうですが、ブロガーの方でこの本を記事にされた方はいないのではと思います。初心者向けなので当然といえば当然ですが。

TOEIC本の購入者の多くは、事前に情報を収集し、どれを買うかを決めて書店に行くのではなく、とりあえず書店に行き、その場で選んで購入しているのでしょう。私が指導している学生でも、指定教科書とは別に、「スピードマスター」を持っている姿をよく目にします。大学生協で売っていて、売れている本、という基準で選んでいるようです。

こうして見ると、マーケティング事例としてもなかなか興味深いですよね。売上に及ぼす著者の影響力はかなり低そうですが(笑)


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.