エベレスト理論
ようやく読解特急4の原稿執筆が峠を超え、ほっとしつつオリンピックを観戦しているTEX加藤です。体操の内村選手、4年に一度の大舞台で、あれだけの重圧の中、金メダルを獲得するとは、「すごい」の一言です。

素人目に、内村選手は、「金メダルを獲得する」のではなく、「自分らしい美しい演技をして金メダルを獲得する」という次元を目指しているような印象を受けました。他の選手たちがメダルを目指す中、一人だけ一つ上の次元を目指しているように思えたのです。そもそも最初に目指しているレベルが違うので、最後の床で少しミスがあっても、本人には余裕があったように感じました(あくまで私の主観ですが)。

この「一つ上の次元を目指す」という考え方は、TOEICにも応用できると思います(と強引にTOEICと結びつける)。たとえば、600が目標なら700、990が目標なら、「990を取る」のではなく、「全問正解で990を取る」や「3回連続990を取る」ことを目指すのです。

ちなみに、毎回のように990を取得している講師レベルなら、特にリーディングセクションでは、「どこを間違ったのかわからない」ということはまずありません。試験中に迷った問題があったとしても数問ですし、それが合っていたか間違っていたかは試験後に自分で確認できます。逆に言うと、そのレベルになれば、リーディングセクションで495が取れるということです。

普通の公立中学の生徒を陸上日本一に育てたことで知られる原田隆史さんは、「エベレストにのぼると決め、準備をしている人にとって、富士山にのぼることは簡単ですが、富士山を最終目標にしている人がエベレストにのぼれることは決してない」という「エベレスト理論」を提唱されています。この理論はTOEICにも当てはまりそうですね。


PS:書店に行くたびに、TOEIC本の出版ラッシュに驚きます。最近出版された物でも、エッセンスの加藤さんの新刊や、英語屋の古澤さんのリーディング対策本など、同業者の目から見ても素晴らしいと感じるものもあれば、この作者はTOEICを受けたことがないのでは、と思うものまで玉石混淆です。TOEICのことをよく知らないのに、TOEICと銘打った本を出版するメンタリティが私には理解できません。儲かればいいのかな。


3月7日発売の「出る単特急 金のフレーズ」に関するご意見・ご感想はこちら、誤植のご報告はこちらへお願いします。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.