重複と採点対象外
戸育ぬり恵さんより、TOEICのスコア表の見方についてご質問を頂きました。他の読者の方にも参考になるかと思いますので、情報共有させて頂きます。

1. ダブルカウント問題について
「どの項目の間でダブりがあるのか」 はわからないのでしょうか?

R(リーディングセクション)では、スコアシート上、2つの項目でダブルカウントされる「重複問題」があります。5月の公開テストでは、両フォームとも9問が重複問題でした。問題数の合計が100ではなく109になっているのはそのためです。この重複問題は、ヒロ前田さんの実験により、以下の2種類であろうことが判明しています。

(1)Part6の文脈語彙・文法問題
(2)Part7DPのクロスレファレンス(両文書参照型)問題

この2つがスコアシート上のどの項目に重複計上されるかですが、(1)の文脈語彙問題はRの上から3つ目と4つ目の項目、文脈文法問題は3つ目と5つ目です。(2)は、本文上の情報から推測して解くタイプの問題なら1つ目と3つ目、本文上に直接答えにつながる情報が示されている場合は2つ目と3つ目に計上されます。

2. ノーカウント問題
TOEICには「ノーカウント問題」 (出題されても採点対象とならない) があると聞いたのですが、こういう問題があるかどうかはわかりますか? また、アビメにはどう反映されているのでしょうか?

TOEICでは、ETSにより不適切であると判断された問題がスコアの対象から外れるケースが稀(年数問)にあります。過去には以下の実例がありました。

(1)難易度が高すぎたため、上級者の正答率が低く、勘で答えた初中級者の正答率が高くなり、正しく英語力が反映されていないと判定された問題
(2)Part7の同義語問題で、設問文の行数が間違っていた問題

L(リスニングセクション)の場合、換算表の問題数の合計が99や98になれば、その差が「ノーカウント問題」です。ただし、どの問題がそう判定されたかは不明です。Rでは、「ノーカウント問題」の有無は不明ですが、たとえば、私と神崎さんがある問題で異なる答えを選んだにも関わらず、二人ともアビメがオール100なら、その問題は「ノーカウント問題」だと判断できます。ノーカウント問題は採点からは外れますので、アビメへの影響はありません。

3つ目のご要望の早見表は、問題フォームが2種類ある上、Rは重複問題もあるので、かなりの数のスコアサンプルがないと、現実的に作成は難しそうです。ETSが公式発表してくれるのが一番いいのですが。

以上、よろしくご確認ください。

3月7日発売の「出る単特急 金のフレーズ」に関するご意見・ご感想はこちら、誤植のご報告はこちらへお願いします。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.