他力より自力
昨日は午前中300人分の小テストの集計をした後、東京おもちゃショーへ出かけてきました。懐かしい人たちに再会し、企画の仕事に対する興味が再燃した感じです。TOEIC指導の合間にまた企画を考えたいですね。

私は以前、長く玩具の企画に携わっていましたが、企画とTOEICの共通点として感じるのは、「参考書から得られる知識には限界がある」ということです。サラリーマン時代、膨大な量のマーケティングや企画の本を読みましたが、そこから生まれたヒット商品は一つもありません。これは当たり前の話で、「ヒット商品を企画できる本」を読んで本当に企画できたら苦労はありません。あくまでそうした本は、自分の知識の整理やモチベーションアップのためで、実際の企画は24時間365日必死に考えることでしか生まれません。

これはTOEICでも同じだと思います。「730点が取れる本」を読んで730点を取れる人は、元々実力があったか、その本から得たヒントを自分のモノにした人だけでしょう。私は問題を1万問解いて990を達成したとブログ開設当時に記事にしましたが、ただ解いていたわけではありません。いろいろな方法論を試し、ミスの原因を追究することで、990を達成できたのだと思います。

待望の「新公式問題集Vol.5」が発売になりましたが、いろいろなことを試して確認する絶好の機会です。自分なりの目的意識と仮説を持って取り組んで結果を検証すれば、来週の公開テストにつながっていくはずです。私は近所の書店で買うことにしているので、入荷次第取り組みます。パート別の難易度と、使われている語彙に特に興味がありますね。

月曜日の正午には5月の公開テストの結果のネット発表、それが終わったら6月の公開テストが続きます。来年は4月にも公開テストが行われ、年10回の開催になることが先日発表されました。受験回数が増えたのは受験者にとっては朗報ですが、何となく継続受験するのでは進歩がありませんから、日々新たな気持ちで試験に臨みたいですね。

3月7日発売の「出る単特急 金のフレーズ」に関するご意見・ご感想はこちら、誤植のご報告はこちらへお願いします。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.