FC2ブログ
気付くか気付かないか
昨日TVで天気予報を見ていてふと思ったのは、「竜巻にはご注意ください」というアナウンスは、きっと以前から流れていたのに軽く聞き流していたんだなあ、ということです。それが、今はそこに意識が向いているので、しっかりと頭に入ってきます。これってちょっと不思議ですよね。

でも、これと同じようなことはTOEICでも起きるんです。

たとえば、

All of the references we contacted indicated that you are an excellent mechanical engineer and that we are ------- to be hiring you.
(A) convenient (B) fortunate (C) admired (D) potential

という問題がパート5で出題されて、答えが分からなかった、とします。え、私は楽勝だけど、という方はちょっと都合が悪いのであっちでお茶でも飲んでてください。

実はこの一文は、公式問題集Vol.4・Test1・Q172-175からの抜粋です。

All of the references we contacted indicated that you are an excellent mechanical engineer and that we are fortunate to be hiring you.

All of the references (which) we contactedがSで、that以下のことをindicated(V)したという形です。求人への応募者の以前の勤務状況を知るために、履歴書に記載されていたreferences(照会先)に連絡を取ったところ、どこの会社でも、「この人は優れたエンジニアで、雇えたらラッキーですよ」と言われた、ということですね。まあこのブログの読者の方であれば、意味を理解するのは難しくないと思います。

このパート7の問題を以前解いていたにもかかわらず、同じ部分がパート5で出題されると解けないのは、そこに意識が向いていないからです。なんとなく読み流しているからですね。「知らなかった」のではなく、「気付かなかった」だけです。

私の前職の企画の仕事では、よく、「企画のネタは身の回りに落ちている。企画が出せるかどうかは、それに気付くか気付かないかの差だ」と言われましたが、TOEICでも同じだと思います。本試験で出題されるのは、どこかで一度は目にしているはずの表現です。

普段のTOEIC学習の際に気付いたことを有機的に網の目のように結び付けていけば、どんどんその網にとらえられる範囲が広がって、英語力やTOEICのスコアアップにつながると思います。たとえば、「金フレ」で覚えた表現をどこかで見つけた際、「あ、これ確かこの間金フレで見た表現だぞ」と気付けば、それは生きた表現となって身について、絶対に本試験でも解けるはずです。そうなればいいなというのが著者としての願いでもあります。

きっと、どんな世界でも、この、「気付くか気付かないか」が大きな差を生むんでしょうね。

3月7日発売の「出る単特急 金のフレーズ」に関するご意見・ご感想はこちら、誤植のご報告はこちらへお願いします。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.