FC2ブログ
出し惜しまない
教室を2度間違え、それでも必死に授業に向かおうとする夢を見たTEX加藤です。GWなのに。これはきっと、「締め切りに遅れつつも何とか原稿を提出しようとする自分」が別の姿で現れたものだと思われます。そんな仕事熱心な自分に完敗、じゃなくて乾杯。「かんぱい」って入れて変換すると、最初に「完敗」って表示されるのは、なんでだろう(by テツandトモ)。

さて、私のGWはといえば、原稿執筆に追われております。「奥様TOEIC」と「週刊ST」の原稿はめでたく終了。次は「読解特急4」の英文に目を通し、コメントを添えて神崎さんに送り、英文と問題が完成したら解説執筆です。それが終わったら、某社より依頼を頂いた「600点を目指すTOEIC英文法」のサンプル原稿執筆が待っています。そんな状況なのに、つい時間があると本を読んでしまうという計画性のなさ。小テストや授業用のプリント作成もしなければいけないのに。でも「風が強く吹いている」(三浦しをん著・新潮文庫)を読んだらモチベーションが上がりました。未読の方は是非ご一読を。

私の場合、原稿は、提出するまでにしつこく何度も見直します。「奥様TOEIC」や「週刊ST」だと、最初に字数よりちょっと多めに執筆し、無駄な部分を削り、ある程度仕上がったら、ざっと音読してリズムを整え、一晩おいてから見直して、「よし、これでOKだ」と納得できたら提出する、という流れです。チョロチョロっと2~3時間で仕上げることができないんですよね。え、それだけ時間かけてあの程度の内容なのって。グサッ。

これはサラリーマン時代に学んだことですが、「出し惜しみしない」って大切だと思うんです。たとえば、私は前職で、「ムシキング アクションフィギュア」というシリーズを企画した際、第一弾で一番人気のあるムシを全部投入しました。周囲からは、「第二弾以降が売れなくなる」「営業的には人気のムシは散らしてほしい」などと言われたりもしましたが、第二弾があるかなんて誰にもわかりませんし、子供だって一番人気のムシが欲しいに決まってます。第一弾を買ったら第二弾以降を集めたくなるはずですしね。結果としてこのシリーズは、1年間で120万個売れる大ヒット商品になりました。ゲーム自体が爆発的人気だったので、私の手柄ではありませんが。

最新刊の「金のフレーズ」でも、「TEXファイル」の全データ、TOEICの世界の小ネタ、無料音声ダウンロード、パート1必須単語、多義語等、持てる力は出し切りました。「無料音声ダウンロードだけして本を買わない人がいるかも」なんて考えても仕方ありません。それは、本にお金を払うだけの魅力がないからですよね。まずは本の魅力を高めることに全力投球すべきだと思うんです。

ということで、原稿が遅れる言い訳を書いてみました。皆様、楽しいGW後半をお過ごしください(恨めしそうに)。

3月7日発売の「出る単特急 金のフレーズ」に関するご意見・ご感想はこちら、誤植のご報告はこちらへお願いします。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.