日本語力
3月7日発売の「出る単特急 金のフレーズ」に関するご意見・ご感想はこちら、誤植のご報告はこちらへお願いします。

TOEIC講師としてこういうことを書くのはどうかとも思いますが、特に学生には、高い日本語力を身につけてほしい、と思っています。将来どんな仕事につくにせよ、高い日本語力は武器になります。たとえば、われわれのようなTOEIC講師の仕事でも、いくら英語がうまくても、日本語の説明がわかりづらくては、生徒に情報がうまく伝えられません。また、日本語力が高ければ、執筆やセミナーといった仕事の幅が広がる可能性が出てきます。最低限の英語力はあって当たり前の世界ですから、それに加えて高い日本語力があると、大きなアドバンテージになります。

私は普段の授業で小テストにコメント欄を設けているのですが、しっかりした日本語で長文のコメントを寄せてくる生徒は、ほぼ例外なく大きくTOEICスコアを伸ばします。その逆に、日本語でもパート7の内容が理解できない、和訳させてみると意味不明の日本語になってしまう、といった日本語力に難のある生徒は、スコアアップに時間がかかる傾向にあります。日本語で理解できないものが英語になると理解できるはずはありませんから、当然と言えば当然の話ですが。

私自身、TOEIC講師として、常に自らの英語力の向上に努めなければいけませんが、それ以上に自分の日本語のスキルを磨きたいと思っています。日々自分の日本語力の未熟さを痛感するんですよね。「今日の授業ではこういう風に説明すればよかったなあ」とか、「花田さんの文法の説明はわかりやすいなあ」とか、「糸井重里さんの書き言葉ってすごいな」とか。ブログ記事はその日本語修行の一環にもなっています。


昨日ついに液晶テレビを買いました。明後日の午前中に家に届く予定です。地デジになってから自宅のテレビは「寅さんDVDマガジン」の再生専用機になっていたのですが、これで生徒の話題についていけるのではと楽しみにしています。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.