頑張れる力
単行本の執筆作業がいよいよ最終段階に入ってきました。1ページ目はこんな感じです。まだ9番の単語の説明部分が5行あるので4行に詰めないといけませんね(汗)

IMG0001.jpg


今日は、この単語集に書いたコラムの1つをご紹介します。

必要なのは「頑張れる力」
「TOEICスコア=英語力×TOEIC力×気力」というのは、これまでの指導経験から導いた私の持論です。TOEICのスコアアップには、ビジネス英語の基本的な運用能力(英語力)や試験スキル(TOEIC力)だけでなく、「気力」、言い換えれば「頑張れる力」が必要なのです。ここ最近、ユニクロや楽天を始め、TOEICスコアを活用する企業が増えていますが、「2年以内に600点」といった、英語が苦手な人にとっては、決して簡単ではないけれども努力すれば十分達成可能な目標を設定することで、会社側は、その人の「頑張れる力」を見ているのだと私は思います。困難なことに立ち向かい、自分なりの創意工夫と地道な努力でそれをクリアする、というのは仕事のスキルと全く同じです。もし、会社でTOEICの点数を求められたら、皆さんが「できる社員」「頑張れる社員」であることを示すチャンスです。「私は英語が苦手だから無理」と、ネガティブに考えるのではなく、「よし、2年じゃなくて1年で目標スコアをクリアしてやるぞ」と前向きに受け止め、会社の期待以上の結果を出してみせましょう。是非本書にも繰り返し取り組んでください。皆さんのスコアアップにかける熱意を決して無駄にしない内容であることは私が保証します。


普段TOEIC講師をしていて感じるのは、TOEICは「頑張れる力」を測定するにはとてもよいツールだということです。たとえば、企業が「TOEIC600点」を新卒の応募条件にしたとして、英語力は期待してないと思います。600点で即戦力になるとは思っていないわけです。ですが、苦手な英語に対して真剣に取り組んで、TOEIC600点を取った「頑張れる力」のある学生なら、入社後に鍛えれば伸びるでしょう。

これは何も新卒に限らず、社内規定でも同じです。「2年以内に600点」という達成可能な課題を与えられた社員が、どういう創意工夫をしてどの程度の成果を出すかを会社側は見ているのだと思います。与えられた期間内に一定の成果を出すのは仕事のスキルと全く同じなので、普通の社員が2年かかるところを半年でクリアするとか、600点ではなく800点を取るとか、「できる社員」なら会社の期待を大きく超える成果を出すはずです。

TOEIC学習を通じて、特に学生には、言葉は悪いですが、「スコア馬鹿」にならずに、「頑張れる力」を身に付けてほしいと私は願っています。「名詞の前は形容詞」なんてスキルは忘れても、頑張った経験は一生残りますからね。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.