単語本
まだ編集のスタート段階ですが、今回の単語本は以下の内容で制作中です(発売段階で変更になる可能性はあります)。

1. 頻出単語1000
2. パート1表現100
3. 同義語40
4. 重要定型表現100
5. 重要部門・職業・学問名

このうち、本のベースとなる1についてご説明します。単語を選定したデータベースは、重要度順に以下の通りです。

1. 2008年6月以降の公開・IPテストで、受験直後に書き留めたオリジナルデータ
2. 公式教材(公式問題集4冊+Tactics for TOEICの模試2セット+Listening Practice+韓国の公式単語本)
3. 日韓の信頼できるTOEIC単語集
4. 韓国のネット情報
5. エッセンスで使用している教材・ビジネス単語本
6. 主要大学受験単語集
7. 主要高校受験単語集

まず、1を最優先し、2から頻度の高いものを加え、3で漏れをチェックし、4で韓国の最新情報を加え、5で1~4には入っていない重要ビジネス語を加え、6で基本単語の漏れがないかをチェックし、7で高校受験レベルの単語を削除する、という作業を行いました。ターゲット読者は500点以上とし、公立高校受験レベルの単語は、出題例がある、語法的に重要等の理由がない限り、基本的には掲載していません。

また、今回の単語集では、「フレーズで一気に覚える」「日→英で覚えられる」という点にこだわり、1000のすべての単語を、人間の短期記憶の1つの限界とされる7語以下のフレーズまたは短文にまとめてあります。なお、あらかじめ申し上げておきますが、四択式の問題集ではありません。「前の仕事 a f------- job」と空所があって、former(前の)を覚えるという形です。派生語や類義語に加え、必要な単語には出題ポイントや簡単な語源解説等を付ける予定です。フレーズの制作にあたっては、1~7に加え、複数の英英辞典やThe New York Timesを参照しました。

なお、特急シリーズは新書でレイアウト上の制約もありますから、発売時に上記が変更になる可能性がありますこと、再度ご確認ください。あれこれ盛り込み過ぎて見づらくなって読む気が失せてしまっては意味がありませんから。

現在の所、発売は未定ですが、3月の公開テストには間に合うよう鋭意作業中です。「TOEIC純度100%」の入魂の一冊にしたいですね。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.