FC2ブログ
1問を大切に
「プロフェッショナル 仕事の流儀 英語講師 竹岡広信の仕事」の中で、竹岡先生が、受験本番を前に焦る受験生に、「たくさん解いて、適当に丸を付けて、合った違った、ってやっても伸びない。もっと深く考えて1問を大切にしないと」とアドバイスするシーンがあります。TOEIC対策でもこれは同じです。たくさん問題を解いて答え合わせだけをしても、点数は必ずどこかで頭打ちになります。そうではなく、1問1問を突き詰めて考えることが大切です。

そういう意味で、私から皆さんにお勧めしたい学習法は、「一人解説」です。これは特にパート5においてはスコアアップに絶大な効果があると思います。要は、自分が先生になったつもりで以下のように問題解説をしてみるのです。

はい、では101番。この問題は、選択肢を見ると代名詞の格の問題です。空所の後ろに何がありますか。“efforts”って単語がありますね。これは何詞ですか。そう。名詞ですね。ということは、ここは名詞の前に置いて「彼らの努力」って言いたいわけです。そういう時に使われるのはどれでしょう? はい。そうです。(B)のtheirですね。これは、their carsやtheir housesのように、名詞の前に置いてその人の持ち物であることを示すので、“所有格”と呼ばれます。ここでは「彼らの努力」という意味ですね。では、問題文の意味をざっと見てみましょう・・・ 最後に、他の選択肢の用法の確認です。まず、(A)theyは・・・

といった感じです。「先生、なぜCは間違いなんですか」「Dはどういう風に使われるんですか」といった質問が出ることを想定して、どんな質問が出ても答えられるようにするのです。そのためには、1問1問を突き詰めて考えなければいけないので、とてもよいトレーニングになります。

一例として、HUMMERさんは今年7回の公開テストのうち6回で990を取ったとのことですが、以前ブログの記事で、問題を解いた後で、「全問解説できるようにした」と書かれていました。あくまで私見ですが、これがレベルアップされた大きな要因の一つだと思います。私も同じです。普段の授業の準備の際、生徒からの質問を想定して、1問1問を突き詰めて考えることを繰り返してきたので、その積み重ねが安定して990を取れるようになった最大の要因です。

この冬休み、是非「一人解説」に挑戦してみてください。楽しく学習できてレベルアップできるので一石二鳥ですよ。

今年一年、受験した7回の公開テストですべて990を取ることができました。継続受験をすると、どうしてもモチベーションの維持が難しくなりますが、集中して受験することができたのは生徒やブログ読者、単行本の読者の皆さんのおかげです。この場を借りて御礼申し上げます。皆さん、よい年末年始をお過ごしください。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.