FC2ブログ
考える力
プロの世界で成功するかどうかは、この考える力があるかどうか、これにかかっているといえるのだ。「考える野球」(野村克也著/角川SSC新書)

私が普段TOEICの指導をしていて感じているのは、これと同じことです。自分の目標スコアを達成するためにはどうすればよいのか、それを自分で考えることがとても大切だと思うのです。その力がある人はスコアが伸びるのも早いのではないでしょうか。

私はこのブログを始めた当初、TOEICの問題を1万問解いて990点を達成した、という記事(2008年8月26日)を書きましたが、この方法を選んだのは、自分が990点を取るためにどうすればよいかを考え、これがベストであると判断したためです。

2008年6月にTOEICを受験する前の私のスコアは、2000年11月の950(L495 R455)でした。ということは、990点を取るためには、Rで495を取らなければいけません。もちろん当時はRで何問正解すれば495が取れるかなんて知りませんでしたが、Rで495を取るために、できるだけミスを減らす戦略を考えることにしたのです。

現状把握のため、まず公式問題集を解いてみると、パート7では、本文で根拠を確認せずに自分の思い込みで答えを選んだ問題以外は、ほとんどミスがないことが分かりました。つまり、パート7ではこの1点だけに注意すればいいわけです。

問題はパート5でした。公式問題集や模試を解くと、毎回3問程度ミスをしてしまいます。これを何とかしなければいけないので、ミスの内容を分析してみると、そのほとんどが文法問題、しかも同じようなタイプの問題であることが判明しました。一例をあげると、

The architect’s most notable ------- was winning the international competition for the design of the stained glass windows in the Danny Thomas chapel.
(A) achieve
(B) achieves
(C) achieving
(D) achievement

のような品詞問題で、「動名詞も名詞も同じようなものだから、(C)でも(D)でもよさそうだけど、語呂がいいから(C)にしよう」といった形で、フィーリングで答えを選んでミスをしていたんです。※念のため、この問題の正解は(D)です。

次に行ったことは、「FOREST」の該当箇所のページを読むことでした。たとえば、「動名詞」だけなら十数ページしかないので、その部分をしっかりと読み、内容を理解したら、模試を解いて正しく理解できているかをチェックする、という作業を行うわけです。このサイクルを繰り返すうちにミスの数が次第に減り、2008/6のTOEICで990を達成することができました。

問題をたくさん解くのが私にはあまり苦にならなかったのも、この方法を選んだ理由の一つです。苦行だと続きませんからね。自分が楽しく継続できそうな方法を自分で考えて実行することがスコアアップのためには大切でしょう。もちろん、問題解くのが嫌いであれば、自分で創意工夫して別の方法を考えればいいわけです。100人いれば100通りのスコアアップの方法があっていいと思います。

冒頭で紹介した本の中で、野村克也さんはこう書いています。

新人がプロで成功するかどうかは、「考える力」にかかっていると言った。だが、プロ入り間もない選手には余裕がない。そのため、選手の周囲に助言を与える者がいるかどうかが重要になる。

特に学生は、TOEICのスコアアップのために何をしていいかわからないので、それぞれに合った方法を見つけてあげるのも、我々講師の役割の一つです。講師の側にも「考える力」が求められますね。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.