FC2ブログ
最近、エッセンスの受講生の感想で、「声が大きい」と書かれることが数回ありました。大学の授業やセミナーの感想でも、「声が大きいので目が覚めました」とか、「声が大きくて聞きやすかったです」といった意見が今年になってから寄せられ始めたのですが、これは私にはとても意外なことでした。

講師の仕事をする以前は、as far as I can remember(突然英語)、「声が大きい」と言われたことは人生で一度もありません。プレゼンやスピーチで人前に出ると緊張して、むしろ声が小さくなっていたと思います。

講師デビュー前の初めてのエッセンスでの模擬授業では、緊張のせいもあり、途中で声が枯れてしまいました。普通の話し方で声を大きくしようとしたら、喉に負担がかかって声が出なくなったのだと思います。「こんな調子で大丈夫かなあ」と不安になったのを覚えています。

それからは、家で授業の予行演習をする際、できるだけ喉の奥から声を出すように意識をして、日々の授業でも実践するようにしました。最初は試行錯誤の毎日で、学生に「先生変な声」って言われたりもしましたが、練習と実践を繰り返すうちに、次第に声の出し方が安定するようになりました。幸い、一年を通じて喉を痛めることもほとんどなく、いつの間にか声も大きくなったようです。

講師にとって、声ってとても大事な要素だと思います。クラスに入って最初に、「皆さん、こんにちは」って大きな声で話すと、その場が授業モードに変わります。授業の音読の際も、講師の音読の声が大きいと、生徒も「私も頑張って読もう」って思いますよね。

私の次の課題はテンポです。先日行ったセミナーと、特急セミナーの音声を聞き比べると、多少の改善は見られますが、依然として早口で聞き取れない部分があります。これではいけませんね。今、「メガシャキ」のCMで東進ハイスクールの講師の方が受験生に向けたメッセージを動画で配信しているのですが、伝え方がやっぱりうまいですね。この安河内哲也さんの動画を見ると、ジェスチャーとかトークの強弱のつけ方とか、さすがだなあと思います。こういう風に自分が伝えたいことを相手にしっかり伝えられるようになりたいですね。※記事を更新した翌日に残念ながら動画の配信が終了してしまいました。代わりに丸善で行われたJayさんの講義動画をご紹介します。Jayさんいい声してるなあ。日ごろの訓練のたまものですね。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.