FC2ブログ
積み上げる
「男はつらいよ 寅さんDVDマガジン」を見て、「やっぱり寅さんはいいなあ」としみじみTVの前でつぶやいてしまったTEX加藤です。寅さんがTOEIC講師だったらきっと人気になるでしょうね。

昨日書店に立ち寄ったら、EJが並んでいたので、中身を見たら、ちゃんと私の連載も掲載されていました(当たり前ですが)。こうして現物を店頭で見ると実感がわきますね。その近くのTOEIC本の売り場に「入門特急」が10冊くらい積まれていたので、「どうか在庫になりませんように」と念を送っておきました。

EJも入門特急もそうですが、原稿を書きながら私が感じたのは、「積み上げること」の大切さです。日々目の前の小さなことを丁寧に積み上げていくと、それが次のステップにつながっていく気がします。

たとえば、ブログの記事は、情報を不特定多数に発信しているわけですから、読者のことを考えて、毎回できる限り一生懸命書きます。そうして地道に記事を書き続けていると、読者数が次第に増えたり、私のようにTBRメンバーとのつながりができたり、といった幸運が舞い込んできます。

そういう幸運が舞い込んだら、ブログ記事の積み上げ作業は継続しつつ、次に頂いた機会でも丁寧に積み上げ作業を行います。たとえば、ラジオ出演の機会を頂いたら、そこで全力を尽くすのです。そうすると、次に連載や執筆の機会が舞い込んだりします。そうしたら、そこでまた全力を尽くすのです。それがまた次の幸運につながっていきます。

こうした1つ1つのステップで手抜きをしてしまうと、積み上げてきたものが崩れてしまう気がします。仮に私が「BEYOND990」の執筆の際に、編集者や共著者の前田さんに悪印象を与えていたとしたら、同じアルクさんのEJから連載の話が来るはずがありません。「え、TEX加藤さん、やめた方がいいよ。原稿毎回遅れるし、手直しが多すぎるし、一緒に仕事しづらい人だから、連載なら別の人に頼んだ方がいいよ」となって、幸運の連鎖が絶たれてしまいます。

これはTOEICでも同じですよね。1問1問を全力で解くことが次のステップにつながっていきます。私の場合、「1問を積み重ねる→990点を取る→それを繰り返す→ラジオ出演の話を頂く→執筆の機会を頂く」といった形で次々と幸運が舞い込みました。最初の段階で手を抜いていたら次のステップはなかったと思います。今週末は公開テストですが、200問を自分なりに精いっぱい積み上げることが、次のステップにつながっていきます。1問1問がゴールへの1歩1歩だと思って頑張りたいですよね。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.